FC2ブログ
2019/01/27

山本康夫の歌ー2019年(平成31年)2月号

   『広島新象』(昭和34年刊) ー別府日名子旅館(昭和29年作)ー

      名にききし日名子旅館の貴賓門昼を閉ざして豊かに構う

      敷つめし緋の絨の直線につづく廊下を導かれゆく

      菊の湯の湯気立ちこもるゆゆしさにつつしみてわが階下りゆく

      天皇陛下お召湯の木札かかるもと体ひたしてこぼすいでゆを

      天皇の召されしいでゆ浴槽の楠の香りが今も立ちつつ






続きを読む

2018/12/27

山本康夫の歌ー2019年(平成31年)1月号

   『麗雲』(昭和22年刊) ー早暁起床を試むとて(昭和19年作)ー

                すみきれるこの暁の頭
()の神(しん)はひとりひめたるわが宝ぞも
         暁の三時となりぬわがうちに来ませる神といざや語らむ
         古のふみひろげつつひた惜しむあまりに早き時のあゆみを
         寒といへど深夜を起きて磨る墨の今年はいまだ凍ることなし

2018/11/28

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)12月号

     「真樹」(昭和9年5月号) ー江田島吟行ー               
     
                わが船の近づくなべに見えてくる向つ小島のなだらかな線
                わが船がちかぢか通る島山の段々畑の萌麦の青
                蜜柑畑の熟実つぶらに光れるを船の窓より首いだし見る
                わが乗れる巡航船が笛ふきて着きたる村は桃の花ざかり
                春ふかき島の斜面の麦のいろうつりて青し江田の内海に
                子を抱きて舟ゆ上陸(あが)れる島の村あたりおぼろに春霞みせり 
2018/11/01

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)11月号

     「真樹」(昭和8年7月号) ー海軍兵学校ー               
              
                帽ぬぎてひたひの汗を拭ひたり桜若葉のそよぐ庭べに
             構内の深き芝生のさみどりにくづれしきたる霧島の花
           さみどりの芝生に生ふる松並木すかして海の波ひかる見ゆ
             江田うちの海にのぞめる松かげの青き芝生をふみて見たしも
            
     



     

2018/10/25

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)10月号

     『樹の遠景』(昭和54年刊) ー吉備路(昭和50年作)ー               
             
               
身辺を清めて歌に生きんとすわれの限度はわれのみが知る
               さわやかに秋の風立つ朝窓に今日書き上げんペンの手はずむ
               たわやすく人類終末論はびこれど関わり薄く歌作り生く
       秋の日の白々として庭前の若木の銀杏葉を照り返す