FC2ブログ
2021/04/04

2021(令和3年)4月号

03032201_(3)4月号表紙_convert_20210413195741
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

03032202_(2)4月号裏表紙_convert_20210413195832

2021年(令和3年)4月号
研究  詩人広瀬旭荘の遊歴(上)-古典の小径144― 加藤定彦 ・ 外村展子
    尾上柴舟のうた 241      澤田久美子 上田勝博  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 134  高本澄江 宮﨑孝司  月原芳子  近藤史郎
                     豊田敬子  龍野日那子 勝地健一  佐藤静子                     
    【異文化essay】37 sea vegetables(海藻) 田中淳子 
    佳品嘆美*151〈万葉集〉〈結城哀草果〉    山本光珠  宮﨑孝司
作品評      宮﨑孝司  月原芳子  山本光珠  石井恵美子 大垰敦子  吉田ヒロミ
         水野康幸  岡田寿子  大瀨 宏  米田勝恵  新井邦子
作品抄出     弘野礼子  柴村千織  井原弘美
再録  真樹の曙―旧号抄録 166               
    真樹のうたびと  山本康夫/橋本武子 
    他誌抄録 114
記   真樹サロン短歌会記 105 田中淳子       
    後記

ご案内 -2021年4月-
真樹サロン
   日時 4月25日(日)10時~ 協力          
                13~15時 歌会
   会費 500円(10時来会者は不要)            
   出詠 1首を担当者吉田征子へ(SMS可)
   締切 4月15日


山本康夫の歌
春風のそよそよ通う木下道松の花粉の見えて散り来る
田の水のくさりてたまる一ところかたまりて黒しおたまじゃくしのとも
通りゆくわが足音にうようよとおよぎいだせりおたまじゃくしのとも
日の透る溝の底ひにうようよとむつみあひをりおたまじゃくしのとも
溝ふかく透す日射しに自が影とまぎれてうごくおたまじゃくしのとも
春の水ゆたににごりてよどみゐる溝に目高子ここだ生れぬ

            『薫日』(昭和十二年刊)――季節篇――春――近郊     
                                  
      20首抄(2021年3月号より抄出)
                                  
冬の朝はるかに鳴らす汽笛あり期末テストは遠き幻          中元芙美子
窓よりの遠き山脈うるおえば心静かに年改まる            鍋谷 朝子
色づける銀杏の葉くわえ落としつぐ雀を見れば楽しきごとし      平本 律枝
鉄筆とガラスの面のかすかなる摩擦の音は絵に溶くるごと       水田ヨシコ
まだ乗れる自転車までも廃車にせり前へ進むは自らの脚        村上 山治
後ろめたい事はしないと言い聞かす自分が作る自分なるゆえ      吉田ヒロミ
遠き日に志士ら駆けゆく足音を風も聞きしか土佐北街道        吉田 征子
明けやらずオリオン仰ぐひとりなる我に拾えと流星は墜(お)つ      新井 邦子
山の端(は)にどっしり座る黒雲を暁光ひとすじこじ開けんとす     上田 勝博
生前の夫の施し時を経て今ひとり身のわれに注がる          岡田 節子
顏よりも大き香茸われ待てり落ち葉を分けて息をすいこむ       岡田 寿子
子供たちの作品詰めるダンボール廃棄の朝は手に触れて見る      折口 幸子
リモートの画面の母は手を伸ばしわが抱く猫をなでようとする     金尾 桂子
一天をつらぬく鵙のこえ絶えてひと谷の昼締まりくるなり       黒飛 了子
夕暮れに川沿い走るテールランプつつが無く任務終えて急ぐや     佐藤 静子
ヒロシマの記憶に生(あ)るるやさしさは共助なりしと奏者は語る     滝沢 韶一
目の前の黄なる葉どものほろほろと夕べ落つるにたたずめるあり    龍野日那子
西風(にし)凪(な)げば肥後は火の国たちまちに白い旅人地上に消える  月原 芳子
凍(い)て星に今日のひとみを感謝して玄関内に花の鉢納む        津田 育恵
霜の朝ブロッコリーに触れたれば受験生のごとピリリとしまる      豊田 敬子
2021/02/22

2021(令和3年)3月号

03022302_(2)_convert_20210222093702.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03022303_(2)_convert_20210222094052.jpg

2021年(令和3年)3月号
研究  記紀の歌枕と国学の徒-古典の小径143―   外村展子
尾上柴舟のうた 240       福光譲二  岡田寿子  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 134   大垰敦子  澤田久美子 村上山治 西本光仁
                    吉田ヒロミ 吉田征子  野坂昭雄 黒飛了子                     
    近現代歌人の一首〔上田三四二〕 近藤史郎
    【異文化essay】36 California roll(カリフォルニアロール)    田中淳子 
    佳品嘆美*150〈万葉集〉〈石川不二子〉   山本光珠  澤田久美子
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録 165
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/泉 覺性 
    他誌抄録 113
記   真樹サロン短歌会記 104 福光譲二       
    後記

ご案内 -2021年3月-
真樹サロン
   日時 3月28日(日)10時~  協力
               13~15時 歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
・通信参加は1000円
   出詠 1首を担当者吉田征子SMS可)
   締切 3月15日

山本康夫の歌
狐毛に鹿毛狸毛馬の毛と筆になすべく皮のまま買ふ
竹の管ころよきを選(よ)り束にして庇にとどくほども積みおく
刈りし毛はよき毛あしき毛と選りわけてそのよき毛もてよき筆作る
命毛の先はするどく腰強く諸毛あはせて玉の穂とする
揃ひたる諸毛さばきつ切れし毛や逆毛抜き去り指にまろむる
           『薫日』(昭和十二年刊)――人生篇――筆作り

      20首抄(2021年2月号より抄出)
                                  
渓流の辺の魔崖仏見落としぬ女人高野へ至る細道           竹添田美子
秋晴れの気のさわやかさ心までおだしく柿を食(は)む午後3時      富田美稚子
歌友らの言の葉われの頑(かたく)なな心を融(と)かし闇を照らせり    中村カヨ子
子供らの成長するを見られずて歩みし年月心に残る           難波 雪枝
しらじらと外明るめば灯を消して暗き中にて来し方おもう        延近 道江
天気雨秋の陽(ひ)を受け降りいるを窓あけて見る誕生日の朝       弘野 礼子
神々しさを覚えるほどの美しき初に扇雀見し日を覚ゆ          古澤 和子
「杵(きね)つきの餅」のチラシは君の村柔和な君はいかに暮らすや    宮崎 孝司
広島の地方議員に金の蔓(つる)伸びて絡みて一気に絞める        森 ひなこ
言論の自由無き戦後をしのばせて「ひめばなし」とぞ繰り返さるる    柳原 孝子
ブランコを漕(こ)ぐたび冬の太陽の縁(ふち)はまわれり白金王冠      山本 真珠
空澄みて真白き雲もにぎわえり思い思いのGoTo秋の旅        吉田 征子
情島にて釣りし友よりもらいたる鯛いきいきと冷蔵庫に映ゆ       岩本 淑子
幼子が「父(とう)さん」と呼びかけておりよきかな「パパ」の時代は終われ  宇吹 哲夫
時は大正 鬼殺隊員「炭治郎」一コマごとに迫力を増す         大垰 敦子
あたたかき情熱そそぎ短歌道教えたまいし師の恩深し          大津タカヱ
旧街道に忘れられいるみちしるべなぞりなぞりて古き字読めず        折口 幸子
障害児の育てし花は金盞花(きんせんか)土に根をはり陽(ひ)に向かいて咲く   勝地 健一
なじみなき文字に悩みつつ時惜しみLineに向かうわが性(さが)悲し    木村 浩子
山の端が残照に染みて一瞬の輝き去りて別世界となる            隅出志乃惠
2021/02/04

2021(令和3年)2月号

03012901_(2)2月号表紙_convert_20210204172539
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03020901_(3)裏表紙_convert_20210222105212

2021年(令和3年)2月号

研究  三十三間堂の仏像二体-古典の小径142―   外村展子
尾上柴舟のうた 239       福光譲二  澤田久美子 山本光珠  
内面客観の道をたずねて 132   石井恵美子 柳原孝子  高本澄江  廣本貢一
    西本光仁  野坂昭雄  吉田ヒロミ 上田勝博                     
    近現代歌人の一首〔大津仁昭〕 近藤史郎
【短歌時評】26 もっと短歌を楽しみたい   吉田征子 
佳品嘆美*149〈万葉集〉〈万葉集〉     山本光珠  上田勝博
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録 164(1)(2)-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/原 靑波 
    他誌抄録 112
記   真樹サロン短歌会記 103 弘野礼子       
    執筆者一覧 3月号から
後記

ご案内 -2021年2月-
真樹サロン
日時 2月28日(日)10時~  協力
               13~15時 短歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
・通信参加は1000円
   出詠 1首を担当者吉田征子へ(SMS可)
   締切 2月15日


山本康夫の歌
世界一のオペラの殿堂といふスカラ座の歌は電波をつたひてぞ聞く
いまだ聞かざる人もローマに多からむスカラ座のオペラわれ寝ねて聞く
ローマの都に歌ひ踊れるをとこをみな狂ふ胡蝶のごとくも見えく
無始無終地球を巻きてみちわたる電波としいふものはおそろし
今ここにひそかに言へる陰口も何億万里をめぐりてあらむ

           『薫日』(昭和十二年刊)――人生篇――地球と電波

20首抄(2021年1月号より抄出)
                                  
来る親を待ちに待ちたる日は浅く今日の明かりをともすときなる      佐々木孫一  
この秋の庭にぽっかり穴のあき外山滋比古氏を悼むあき          笹田四茂枝   
制約の多き世情にありてなおおのれ失わず生きんとねがう          隅出志乃惠         
ママの服しっかり持てる幼子と横断歩道を渡る自転車            高見 俊和
青空に柿一つのみ残りたり頼るものなしこどもの意地よ           滝沢 韶一
空澄みて日陰選ばず歩めればブルゾンが淡い風を孕(はら)めり        長嶋 彰子
才なしとひと時捨てたる道なれどそれでも歩めと自然の声は         鍋谷 朝子
青い空へ腕を突き上げ背伸びする君よ旅ゆく瀬戸に潮風           畠山 清子
灯のつかぬ隣の主はケアハウス 里の外灯静もりてあわし          廣田 怜子
文法書第一章を読み終えて仰ぐ九月の空の明るさ              弘野 礼子
うちそとを従うままに流されぬ道を見きわめたるがごとくに         福光 譲二
思い出は青春の日々美(は)しき日も厳しき日々も宝石のごと         古澤 和子
遺伝子に母なる童話刻みつつ姉妹は咲かす別々の花             森 ひなこ
三階の部屋なる窓をながむれば月こうこうとガラスを照らす         矢追 房子
先の見えぬ失業にいて月刊誌「真樹」ゆっくり読破しようぞ         山本 全子
糾(あざな) える縄のごとしと誰(た)が言いし姉逝ける秋孫の婚成る      有本 幸子
遠つ山も手にとるがにも極まれる澄明のひと日いのち洗わる         石井恵美子
木の柵にもたれて二人「立ち話」明るき声は点描画の中           大垰 敦子
奥入瀬を共に下りしもみじ狩り今も残れり壮なる姿             木村久仁子
ようやくに日差し秋めき白鷺城に落ちる影さえ和らぐ覚ゆ          小巻由佳子
2020/12/28

2021年(令和3年)1月号

EPSON001_2020_1_表紙_convert_20201228114443
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨宏
EPSON002_2021_1_資料_convert_20201228114819

2021年(令和3年)1月号
真樹誌上短歌大会
康夫賞 宮﨑孝司 / 年度賞 新井邦子 / 真樹奨励賞 龍野日那子,黒飛了子
真樹賞・康夫賞・年度賞受賞者競詠

研究  〈特別寄稿〉楸邨と談笑する今先生-記念の写真―       加藤定彦
尾上柴舟のうた 238        近藤史郎  岡田寿子  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 131     大垰敦子  澤田久美子 村上山治  川口浩子
                    月原芳子  廣本貢一  吉田征子  勝地健一                     
    近現代歌人の一首〔河野裕子〕 森ひなこ
    【異文化essay】35 細川ガラシャとShakespeare(シェークスピア) 田中淳子 
    佳品嘆美*148〈万葉集〉〈小池光〉      山本光珠  近藤史郎
作品評
書評  渡辺茂子歌集『湖と青花』     岡田寿子
    小谷博泰歌集『河口域の精霊たち』 新井邦子
    久保田智栄子歌集『白蝶貝』    森ひなこ
再録  真樹の曙―旧号抄録163(1)(2)-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/三田谷啓 
    他誌抄録 111
記   真樹サロン短歌会記 102  岡田寿子       
    [随筆] 短歌とともに―「器」上田勝博
後記

ご案内 -2021年1月-
真樹サロン
   日時 1月24日(日)10時~  協力
            13~15時 短歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者吉田征子まで(SMS可)
   締切 1月15日


山本康夫の歌
霜ふかき庭にわがゐて物とると朝飯かしぐ妻を呼び立つ
正月の宵のゆとりやこの日ごろシネマ見ざるを妻のいひいづ
子がそばに添ひつつ妻も眠りゐて部屋は変れることもなかりき
妻を子を思う心はこもり根の秘めておのづと秀(ほ)にいづるべき
                 『薫日』(昭和十二年刊)――家族篇――妻
    
      20首抄(2020年12月号より抄出)
                                  
十二支に想像の龍ありながら生ける麒麟はなぜえらばれぬ       勝地 健一  
主(あるじ)なき家(や)に残されし柿の木に実はなりて今日の夕日に染まる  金尾 桂子 
あかあかと灯ともし進む観光船の波路の空に咲き次ぐ花火          川口 浩子
色の主張あふるる野原に来て子らは花野の顔になりきり遊ぶ         廣本 貢一
緊(し)まりたる空気ゆらげりさりげなく藤井棋聖が扇子ひらけば       近藤 史郎
残暑のもと片陰選(よ) りて買ひにゆく父の遺(のこ)せる絵の額縁を      澤田久美子
手を振ればほほえむかとも白雲を時に仰ぎて草引き次ぎぬ          高本 澄江
雨つぶの木の葉に当たる音すればなぜか思えり幼き頃を           永井 妙子
身の痛く毎夜の夢にみる人よなつかしくして哀(かな)しみ残す        延近 道江 
ホームの老いら色数たがう小悪抱き時に角だし秋風にのる          松井嘉壽子
かたくなに閉ざす心をほぐすには感謝の思い抱くほかなし          松尾 美鈴
枝打ち後胸なでおろすまっすぐに伸びゆかん枝の映ゆる秋空         松永 玲子
コロナ禍に終戦の日も淡々たり不戦の誓いもマスク通して          村上 山治
去年(こぞ)逝きし犬が一瞬駆けぬける盂蘭(うら)盆のペルセウス座流星群    森 ひなこ
若者の明日に幸をと新内閣きまればまたも批判の的か            森重 菊江
七ゕ月わが胎内にありし子の墓標に栗の枝折れかかる            守光 則子
朝かげに庭のトマトの葉に留まる空蝉へふと挨拶したり           新井 邦子 
ジャカランダの紫色のスーツ着て都庁訪(と)いしは遠い日のこと       岩本 淑子
面会の叶(かな)わぬ個室で闘える夫に添いえぬ己はがゆし          岡田 節子
プランターに小松菜の種子少しまく小さなくらしの中に生きおり       折口 幸子
2020/11/27

2020(令和2年)12月号

12月号表紙_(2)_convert_20201127223908
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
12月号_表2_convert_20201127224057


2020年(令和2年)12月号
研究  一生涯、三従すべて欠く―古典の小径141―      外村展子
尾上柴舟のうた 237        澤田久美子  福光譲二 山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 130     石井恵美子 柳原孝子  高本澄江 西本光仁
                 野坂昭雄 吉田ヒロミ 勝地健一 上田勝博                     
    近現代歌人の一首〔一ノ関忠人〕 近藤史郎
    【異文化essay】34 The Sagurada Familia(サグラダ・ファミリア) 田中淳子 
    佳品嘆美*147〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉     山本光珠  大瀨 宏
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録162-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと 山本康夫/釋迦葦美 
    他誌抄録 110
記   真樹サロン短歌会記 101  新井邦子       
    後記

ご案内 -2020年12月-
真樹サロン
   日時 12月20日(日)10時~  協力
               13~15時 短歌会
   会費 500円(10時来会の場合不要)
   出詠 1首を担当者 新井邦子まで(SMS可)
   締切 12月15日


  20首抄(2020年11月号より抄出)                                  
「黒い雨」勝訴判決下れどもなお喜びの日へ途上なり         中谷美保子  
墓掃除したる我らと同乗し蚊はいつまでもわれにまとわる       中元芙美子
病室ゆ見下ろす平和公園の原爆式典に総理出(い)でます        平本 律枝  
初めての短歌教室やわらかき四つの瞳われを迎える          弘野 礼子
突っぱねること多き乾いたハートにも味方だからなの言葉沁(し)みいる   福光 譲二 
こもる日も「真樹」開きて読みゆけば外(と)とのつながり広がりゆきぬ   柳原 孝子
世を離(か)るる貴(あて)なるものの叫びしか夜行の笛が秋天に沁(し)む     山本 光珠
若き日のひまわり柄のスカートは思い出とともに就活の途へ         山本 全子
自分だけは死なぬものぞと思いいる友の言葉がわが目覚ましぬ        吉田ヒロミ
贈られしセーター映す姿見の胸なる「k」の男子(おのこ)恋初む       上田 勝博
九十年続きし店を今たたむ永く永くし苦しみし末              宇吹 哲夫
吾(あ)が髪の白きに沁(し)みる黒マスク コロナの日々にこれも楽しき     大瀬  宏
朝焼けのあせたる空の雲の端に金のひかりが輝きそむる           岡田 寿子
台風をどこで避けしや青鷺の濁流前に身じろぎもせず            小畑 宣之
自粛要請にわがこもりいる窓近く揚げ羽二つが飽かず舞いおり        小巻由佳子
かたづけの時を奪われ文(ふみ)を読む影となりたるひとりひとりの       鈴木 敬子
何人(なにびと)も避けらるるなく降り注ぐ星の光の下の一人(いちにん)     高本 澄江
今までのキャリアを自負し心だに折らじと吐きだす三十一(みそひと)文字に  竹添田美子
コロナ禍の苦熱にありて耳孔にし凡(おお)に残れり蜩の声          龍野日那子
アキアカネ飛ぶ夕暮れは泉水の鯉にもわれにもやさしき時間         豊田 敬子