FC2ブログ
2018/11/28

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)12月号

     「真樹」(昭和9年5月号) ー江田島吟行ー               
     
                わが船の近づくなべに見えてくる向つ小島のなだらかな線
                わが船がちかぢか通る島山の段々畑の萌麦の青
                蜜柑畑の熟実つぶらに光れるを船の窓より首いだし見る
                わが乗れる巡航船が笛ふきて着きたる村は桃の花ざかり
                春ふかき島の斜面の麦のいろうつりて青し江田の内海に
                子を抱きて舟ゆ上陸(あが)れる島の村あたりおぼろに春霞みせり 
2018/11/01

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)11月号

     「真樹」(昭和8年7月号) ー海軍兵学校ー               
              
                帽ぬぎてひたひの汗を拭ひたり桜若葉のそよぐ庭べに
             構内の深き芝生のさみどりにくづれしきたる霧島の花
           さみどりの芝生に生ふる松並木すかして海の波ひかる見ゆ
             江田うちの海にのぞめる松かげの青き芝生をふみて見たしも
            
     



     

2018/10/25

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)10月号

     『樹の遠景』(昭和54年刊) ー吉備路(昭和50年作)ー               
             
               
身辺を清めて歌に生きんとすわれの限度はわれのみが知る
               さわやかに秋の風立つ朝窓に今日書き上げんペンの手はずむ
               たわやすく人類終末論はびこれど関わり薄く歌作り生く
       秋の日の白々として庭前の若木の銀杏葉を照り返す
              
 
      
     


2018/08/27

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)9月号ー

   『広島新象』(昭和34年刊) ー新秋(昭和32年作)ー

     さむらいの末と伝えて世にうとく貧しく峡の村に育ちぬ
     秋風に灯かげさえゆく夜を惜しむ愛の詩篇の頁とざして
     潮(うしお)のごと善意のこころ胸に満つかかる新秋の夜の刻を得つ
     生きてあらば大学を卒ゆるころかなどといいて直かりし子が性を恋う
     客少なき夜更けの電車灯の明く見回して親し目の合う時に
     枝刈りて明るくなりしいちじくの幹にその実のつぎてふくるる

      
2018/07/18

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)8月号ー

   『麗雲』(昭和22年刊) ー真澄8月6日の原子爆弾に罹災す(昭和20年作)ー

       
その声は真澄ならずやよくもよくもかかる深傷(ふかで)の体運び来し
     父母に一目逢はむの念のみに帰りしといふか子よ強かりし
       治療所へ急ぎ運ぶと吾子のせて妻とわが持つ戸板かなしも

     死を早む水とし聞けど欲り欲りて子が苦しめば水あたへつも
             お浄土にゆくとしいひて安らけき吾子なりしまさしく浄土はあらむ
     わが掌(て)おく額の温み冷え果てぬ吾子よ吾子よすでに命絶えたり
     手をとりて慰められし葬(はふ)り路をけふは汝が骸送りてぞ来ぬ