FC2ブログ
2020/12/28

2021年(令和3年)1月号

EPSON001_2020_1_表紙_convert_20201228114443

EPSON002_2021_1_資料_convert_20201228114819

2021年(令和3年)1月号
真樹誌上短歌大会
康夫賞 宮﨑孝司 / 年度賞 新井邦子 / 真樹奨励賞 龍野日那子,黒飛了子
真樹賞・康夫賞・年度賞受賞者競詠

研究  〈特別寄稿〉楸邨と談笑する今先生-記念の写真―       加藤定彦
尾上柴舟のうた 238        近藤史郎  岡田寿子  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 131     大垰敦子  澤田久美子 村上山治  川口浩子
                    月原芳子  廣本貢一  吉田征子  勝地健一                     
    近現代歌人の一首〔河野裕子〕 森ひなこ
    【異文化essay】35 細川ガラシャとShakespeare(シェークスピア) 田中淳子 
    佳品嘆美*148〈万葉集〉〈小池光〉      山本光珠  近藤史郎
作品評
書評  渡辺茂子歌集『湖と青花』     岡田寿子
    小谷博泰歌集『河口域の精霊たち』 新井邦子
    久保田智栄子歌集『白蝶貝』    森ひなこ
再録  真樹の曙―旧号抄録163(1)(2)-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/三田谷啓 
    他誌抄録 111
記   真樹サロン短歌会記 102  岡田寿子       
    [随筆] 短歌とともに―「器」上田勝博
後記

ご案内 -2021年1月-
真樹サロン
   日時 1月24日(日)10時~  協力
            13~15時 短歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者吉田征子まで(SMS可)
   締切 1月15日


山本康夫の歌
霜ふかき庭にわがゐて物とると朝飯かしぐ妻を呼び立つ
正月の宵のゆとりやこの日ごろシネマ見ざるを妻のいひいづ
子がそばに添ひつつ妻も眠りゐて部屋は変れることもなかりき
妻を子を思う心はこもり根の秘めておのづと秀(ほ)にいづるべき
                 『薫日』(昭和十二年刊)――家族篇――妻
    
      20首抄(2020年12月号より抄出)
                                  
十二支に想像の龍ありながら生ける麒麟はなぜえらばれぬ       勝地 健一  
主(あるじ)なき家(や)に残されし柿の木に実はなりて今日の夕日に染まる  金尾 桂子 
あかあかと灯ともし進む観光船の波路の空に咲き次ぐ花火          川口 浩子
色の主張あふるる野原に来て子らは花野の顔になりきり遊ぶ         廣本 貢一
緊(し)まりたる空気ゆらげりさりげなく藤井棋聖が扇子ひらけば       近藤 史郎
残暑のもと片陰選(よ) りて買ひにゆく父の遺(のこ)せる絵の額縁を      澤田久美子
手を振ればほほえむかとも白雲を時に仰ぎて草引き次ぎぬ          高本 澄江
雨つぶの木の葉に当たる音すればなぜか思えり幼き頃を           永井 妙子
身の痛く毎夜の夢にみる人よなつかしくして哀(かな)しみ残す        延近 道江 
ホームの老いら色数たがう小悪抱き時に角だし秋風にのる          松井嘉壽子
かたくなに閉ざす心をほぐすには感謝の思い抱くほかなし          松尾 美鈴
枝打ち後胸なでおろすまっすぐに伸びゆかん枝の映ゆる秋空         松永 玲子
コロナ禍に終戦の日も淡々たり不戦の誓いもマスク通して          村上 山治
去年(こぞ)逝きし犬が一瞬駆けぬける盂蘭(うら)盆のペルセウス座流星群    森 ひなこ
若者の明日に幸をと新内閣きまればまたも批判の的か            森重 菊江
七ゕ月わが胎内にありし子の墓標に栗の枝折れかかる            守光 則子
朝かげに庭のトマトの葉に留まる空蝉へふと挨拶したり           新井 邦子 
ジャカランダの紫色のスーツ着て都庁訪(と)いしは遠い日のこと       岩本 淑子
面会の叶(かな)わぬ個室で闘える夫に添いえぬ己はがゆし          岡田 節子
プランターに小松菜の種子少しまく小さなくらしの中に生きおり       折口 幸子
2020/11/27

2020(令和2年)12月号

12月号表紙_(2)_convert_20201127223908
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
12月号_表2_convert_20201127224057


2020年(令和2年)12月号
研究  一生涯、三従すべて欠く―古典の小径141―      外村展子
尾上柴舟のうた 237        澤田久美子  福光譲二 山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 130     石井恵美子 柳原孝子  高本澄江 西本光仁
                 野坂昭雄 吉田ヒロミ 勝地健一 上田勝博                     
    近現代歌人の一首〔一ノ関忠人〕 近藤史郎
    【異文化essay】34 The Sagurada Familia(サグラダ・ファミリア) 田中淳子 
    佳品嘆美*147〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉     山本光珠  大瀨 宏
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録162-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと 山本康夫/釋迦葦美 
    他誌抄録 110
記   真樹サロン短歌会記 101  新井邦子       
    後記

ご案内 -2020年12月-
真樹サロン
   日時 12月20日(日)10時~  協力
               13~15時 短歌会
   会費 500円(10時来会の場合不要)
   出詠 1首を担当者 新井邦子まで(SMS可)
   締切 12月15日


  20首抄(2020年11月号より抄出)                                  
「黒い雨」勝訴判決下れどもなお喜びの日へ途上なり         中谷美保子  
墓掃除したる我らと同乗し蚊はいつまでもわれにまとわる       中元芙美子
病室ゆ見下ろす平和公園の原爆式典に総理出(い)でます        平本 律枝  
初めての短歌教室やわらかき四つの瞳われを迎える          弘野 礼子
突っぱねること多き乾いたハートにも味方だからなの言葉沁(し)みいる   福光 譲二 
こもる日も「真樹」開きて読みゆけば外(と)とのつながり広がりゆきぬ   柳原 孝子
世を離(か)るる貴(あて)なるものの叫びしか夜行の笛が秋天に沁(し)む     山本 光珠
若き日のひまわり柄のスカートは思い出とともに就活の途へ         山本 全子
自分だけは死なぬものぞと思いいる友の言葉がわが目覚ましぬ        吉田ヒロミ
贈られしセーター映す姿見の胸なる「k」の男子(おのこ)恋初む       上田 勝博
九十年続きし店を今たたむ永く永くし苦しみし末              宇吹 哲夫
吾(あ)が髪の白きに沁(し)みる黒マスク コロナの日々にこれも楽しき     大瀬  宏
朝焼けのあせたる空の雲の端に金のひかりが輝きそむる           岡田 寿子
台風をどこで避けしや青鷺の濁流前に身じろぎもせず            小畑 宣之
自粛要請にわがこもりいる窓近く揚げ羽二つが飽かず舞いおり        小巻由佳子
かたづけの時を奪われ文(ふみ)を読む影となりたるひとりひとりの       鈴木 敬子
何人(なにびと)も避けらるるなく降り注ぐ星の光の下の一人(いちにん)     高本 澄江
今までのキャリアを自負し心だに折らじと吐きだす三十一(みそひと)文字に  竹添田美子
コロナ禍の苦熱にありて耳孔にし凡(おお)に残れり蜩の声          龍野日那子
アキアカネ飛ぶ夕暮れは泉水の鯉にもわれにもやさしき時間         豊田 敬子

2020/07/06

2020年(令和2年)7月号

2020_7月号表紙_convert_20200706011357
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
7月号 表2_convert_20200725161950


2020年(令和2年)7月号
☆研究 □遊行上人   -古典の小径136―...外村展子
      □尾上柴舟のうた232       ‥‥岡田寿子 近藤史郎 山本光珠 
      □内面客観の道をたずねて125    …大垰敦子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                         月原芳子 廣本貢一 吉田征子 勝地健一
    □近現代歌人の一首(松村正直)   … 森ひなこ
      □【異文化essay】31SDGs (持続可能な開発目標)…田中淳子             
      □佳品嘆美*142〈万葉集〉〈島木赤彦〉…山本光珠 宮崎孝司
☆作品評
☆再録 □真樹の曙―旧号抄録157               
     山本康夫のノートより              表見返し
     真樹のうたびと   山本康夫 壽岡里容     表見返し
     □他誌抄録105 
☆記  □真樹サロン短歌会記96         中村カヨ子
     □後記
ご案内-2020年7月—
  真樹サロン
   日時 7月26日(日)10時~  協力
             13時~15時 短歌会
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切 7月15日


山本康夫の歌――2020年(令和2年)7月号
時くれば成りてうれつつトマトの実この旱(ひでり)にも汁したたらす
朝畑に立ちてもぎ食ふトマトよりしたたる汁は手を伝ひ落つ
本降りとなれる雨かもよろこびの心をゆりて今宵眠れず
降り足らふ雨の音かもかはきしるきわが畑も雨をむさぶり吸はむ
降り足りて黒くうるほふ畑土に力のかぎり鍬うちおろす
『麗雲』(昭和二十二年刊)――土とともに(昭和十四年作)
☆追悼録
 後藤祝江氏追悼    水田ヨシコ 古澤和子  勝地健一
                吉田征子  石井恵美子 山本光珠
                新井邦子
  20首抄(2020年6月号より抄出)
古き文の「あいたいですね」の温かき文字に揺らぎぬ今の心は     吉田ヒロミ 
たからものひとつ消えにけり仰ぐもの真直(す)ぐであることくれしあすなろ     吉山 法子
「いのち一ぱい咲く」と詠みたるかの子思う一樹に耀(かがよ)うさくら仰ぎて    米田 勝恵
ウイルスに占領されし地球の上(え)にスーパームーンはこうこうとあり   榎並 幸子
不確実な明日に向き合うコロナ鬱(うつ) 満山の桜をセーターに編む    大垰 敦子
在りし日に夫と仰ぎし八重桜ひとり見入りてあれば舞い散る      大津タカヱ
コロナにて行事にわかに変われども卒業生には延ばし代なし      岡田 節子
リバイバル映画のなかに時をみる隣の席を空けたままにて       勝地 健一
つばめらの孤を描く空眺めつつ低く草引くコロナ禍の春        金尾 桂子
樹(き)のごとくなりたきわれもほぐれゆく羊歯(しだ)の胞子も月夜のものよ  黒飛 了子
平行線たどるばかりの言ひ合ひにやうやく妥協が割り込みてくる      廣本 貢一
四時起床昨日の夢は今日となる地球が回る速さのなかで          佐々木孫一
積む本のあれば心の安らぎぬ腕(かいな)とられて身を沈めたり       笹田四茂枝
いずこなる庭に沈丁花は香る御(み)寺の知らせを配りゆく道        高本 澄江
久々に庭に出(い)でたるイタチの子我と目が合い葉かげへ速き       永井 妙子
「アララギ」の歌詠み人(びと)の大叔母の歌集『葦の間の川』詠み継がん  中谷美保子
ため息の沁(し)みる独り居 氷雨ふる夜は思い出に抱(いだ)かれ眠る     中村カヨ子
文を書き詩に転じまた山多き短歌の道にまぎれ歩めり           鍋谷 朝子
一肌ぬぐことはよそでもできるとも生まれたここで大決心する       的場いく子
四肢麻痺 (まひ)の回復いかに妻はただリハビリに励む笑顔とともに     村上 山治

2019/09/01

山本康夫の歌ー2019年(令和元年)9月号

    『広島新象』(昭和34年刊) ―高野山(昭和28年作)―

     老木々の小暗きもとを行き行きてつくづく聞けり山坊のかね
     一寺の鐘鳴りおわるころ打ち揺れて山上の鐘また鳴りいずる
     山川をとび渡る時砂白き水底を這う蟹がうつくし

2019/08/01

山本康夫の歌ー2019年(令和元年)8月号

    『麗雲』(昭和22年刊) ―歌の道(昭和21年作)―

     歌の道にこりゆく命見つめてはつたなき嘆きかへすいくたび
     歌に向ふこころはあつくなりゆけどその作(な)る歌に足ることもなし

     いたれりし大人(うし)らの道はひびけども仰ぐにきびしその歌ごころ

     歌の上にまことをこめてあるといふ思ひがわれの生(よ)を荘厳す

     わが力おぼつかなしと知るからに心つくして歌は詠むべし