FC2ブログ
2022/10/05

2022(令和4年)10月号

2022・10表紙_convert_20221005085554
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
2022・10表2_convert_20221005085649
2022・10目次_convert_20221005085741
山本康夫の歌

相とけぬ心さびしみてありしかば逢ひて睦める夢を見にけり
夢に逢へば人の憎みの解けゐるに心をどりてわれはありける
しみじみとやさしき言葉かけられて涙ぐみたるわれを夢に見き
夢ぬちは心と心反きあふ悲しき事実(こと)し絶えてなかりき
温情はやさしく燃えてあかときの小床すがしくめざめゐるなり
憎しみをかけられつつもつゆ霜の淡く解けゆくわれふがひなし

                   『薫日』(昭和五年刊)──自照篇──夢

20首抄(2022年9月号より抄出)

うす雲に見え隠れする有り明けよGPSと我が歩み守(も)る  金子貴佐子
一夜花、静かな森にピタッ、ピタッと雄しべは散りて水面流るる     川口浩子
終活と精いっぱいの挑戦とどちらが先かみずからに問う         菅 篁子
紫陽花の移ろえる色おだやかなり石段のぼり寺まいりせり       栗原美智子
木霊(こだま)まで浮かれ出そうな夜桜に闇の華やぐ丘となるなり    廣本貢一
沖を行く快速艇をライバルに尾道水道シーサイド走る          小畑宣之
うつし身の健やかにありうれしさよ今朝も万緑の影を踏みたり     鈴木敬子
発(た)ち位置の東に東に変わる月 幼に帰る宙のクエスチョン      月原芳子
原点で拾い忘れた宝石を朝の目覚めにふと思い出す          西本光仁
葉にすがる雨粒白く光りおり五月みそかの朝出てみれば        延近道江
わが前を歩くからすの足まねて小(ち)さくスキップ小雨ふる道      弘野礼子
ほそりゆく孤独の余生寒けれど歌を詠む時二人となりぬ        松井嘉壽子
梅雨空のもとずっと見ないかたつむり紫陽花の葉にみつけてうれし 村上幸江
こむら熱く当たり飛びゆく黒猫よわけのわからぬ命だ走れ       森 ひなこ
紡ぎ来し物語の秋編夢見んかチョコレート色の葉の落つる秋      山本真珠
石の上(え)にも三年と来てなお短歌未熟なれどもいよよ励まん     山本全子
戦場の映像見慣るるわが心いのちを軽く見はじめいぬか        吉田ヒロミ
ふうわりと飛び来し鳥は電柱の碍子(がいし)にまぎれ動くともなし    有本幸子
赤レンガ庁舎の庭にそびえたつしだれかつらよ池の面に揺る     榎並幸子
コロナ下をムラ社会へと帰島せりカープ観戦は内緒の話         大越由美子


2022/09/06

2022(令和4年)9月号

2022・9表紙_convert_20220906095412
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏 
2022・9表2_convert_20220906095518
2022・9目次_convert_20220906095916
山本康夫の歌
 
スフの服すり切れることは考へずもろ手をあげて子は辷りくる
切れやすきスフ地の服をきたる故子が辷り台にゆくを禁ずる
宵早く寝床に入りて書をよむいつかきまれる型のごとくに
丹念によみて夜更かす心うつ歌に遭はぬに焦立ちながら
秩序なき歌氾濫するときにして命ある歌埋もるる惜しむ

                    『朝心抄』(昭和二十三年刊)──朝夕

20首抄(2022年8月号より抄出)

海を恋い散骨たのみて人逝きぬ都を統べにける非凡の人よ 石井恵美子
過疎地にて人に知られずその人は静けく逝けりコロナ禍の中      畦 美紀恵
散り敷きて庭に真白き蜜柑花実となる花は誰が撰(えら)みし      大瀨 宏
突風が野に吹きわたり少女らの白き楽譜が青空に舞う          岡田寿子
逝きし夫のやりたかりしを思い出し遺作の木彫りのふくろう磨く      岡田節子
天よりを降りくるけさの光はもゆらゆら揺れて六月たまゆら        笹田四茂枝
コロナ禍の閉鎖社会に身のおかるる今こそ作歌の夢ひらかるれ    佐藤静子
豆腐一丁求めて梅を一つ載す日の丸上がれオリンピックに       高見俊和
一点を見る目は角度変えし時世間の広さに鱗(うろこ)落ちたり      竹添田美子
多年草の一本フラッと残りしが森のひかりに目ざむやあまた       富田美稚子
真夜中に子守歌うたう夫と手をつなぎて楽しかりし日々あり       豊田敬子
春塵(じん)を運べる風にかすむ目をこすりつつ行く夕餉(げ)の買い物 中村カヨ子
コロナ禍の家族葬とて血縁をたどりて声にぬくみ確かむ         中元芙美子
芍薬のえび茶の芽はや緑なすつぼみは空を打つ撥(ばち)のごと   濱本たつえ
子供の日に鯉を思いて池、沼に生きらるるその生命力おもう      平本律枝
手の痛みこらえて珍味の礼を書き平仮名にまでルビをうつなり     松井嘉寿子
コンテナを積めるタンカー追い越して東へ帰る上空の我         宮本京子
丑(うし)三つ時目覚めし我はいかんせん歌つくるはたアベマリア歌う  村上幸江
阿武山は縦に割るがに山崩れ跡を留(とど)めてまた夏がくる      村上山治
山々の濃淡の緑ふかぶかと世のせつなさを奥処(ど)に秘むや     森重菊江
2022/07/23

2022(令和4年)8月号

04071701 R4.8表紙_convert_20220723211432
題字 尾上柴舟 表紙 武永槙雄
04071704a裏表紙_convert_20220802213717
a目次_左頁_convert_20220802212543
04071702a目次_convert_20220802214426
山本康夫の歌

一軒づつ建ちゆく家に阻まれてたびたび変る街草の道
整はぬ街に幾つも道通りわが往き還る道のきまらず
草の中材木などを置きありてまたぎつつかへる街の焼あと
焼あとの広き一画かこひして材木積めりあらくさの中
藜など生ひはびこれる街中の空地をくぎりかこむ板塀

                   『朝心抄』(昭和二十三年刊)──朝の街

20首抄(2022年7月号より抄出)

青空の下(もと)もくれんは一様に見えてそれぞれ純白映ゆる 水田ヨシコ
君の住む信州めざす車窓には若き緑が光り際立つ            宮本京子
祈るだけウクライナの上(え)を祈るだけ我の出来るはただ祈るだけ  村上幸江
仏壇にうすべに一輪供えたり春の薫りを母と楽しむ  村上山治
丸善にて「真樹」もとめて読みいしとぞ「真樹」に寄りし歌友しのびぬ  柳原孝子
街灯の辺を乱舞する粉雪は吹き上ぐる風に土に届かず  石井恵美子
習い事何を残すと思えども何かは残すと時が教える  畦 美紀恵
暗涙の遺族を思うかなしみを早く乗り越え普段の生をと  宇吹哲夫
水やりのホースの先の虹見つつ立夏の朝の風に吹かれる  金尾桂子
城跡にブラスバンドの音高く早春の町は夕映えの下  小畑宣之
十字花へしばし波うつ風寄すにその真白きが心をみたす  笹田四茂枝
花色の空を夕(ゆふ)星(づつ)わたるころ遠(をち)なる叔母の訃報がとどく 澤田久美子
この中に魔法のごとき無限なる知恵秘めらるるや四角のスマホ  隅出志乃惠
助け人訪ね来りてトラクターで耕し黒土見ゆるうれしさ  豊田敬子
薄明の緑林のなか山桜風吹けるたび舞いて我が手に 永井妙子
美しいイースターカード届きたり多事多難なれど喜びの春  中谷美保子
しだれ咲く源平桃は絵日傘と草引く我にさしかけらるる  濱本たつえ
咲きそろう姫りんごのちさき白き花こんもり重なる今美しき  平本律枝
庭木なる馬酔木の花の真盛りの花房揺れるかんざしのごと  廣田怜子
知らぬことやりたきことのあれやこれや死なれぬ思い日に日に強く  福光譲二





2022/06/27

2022(令和4年)7月号

04062201令和4年7月号_convert_20220627220046
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
04062202令和4年7月号裏表紙_convert_20220627224539
04062203令和4年7月号目次_convert_20220627225749
山本康夫の歌

道思ふ心は燃えてつづけどもいゆきいたれる程やいくばく
或るときは貪欲のかげかすむらしいまだもわれの清まりて果てず
欲を断つ道求めつつ親鸞も一生(よ)をかけて嘆きたまひし
かへりみてわれのすがたにくらぶればあまりに高しみ仏の道
みちたぎち心きほへどこの夜ごろ体いたはりてわれの早寝す
雑用に追はるるらしき家妻が夜の眠りにつくときしらず

    『麗雲』(昭和二十二年刊)──昭和十八年──道を求めて

20首抄(2022年6月号より抄出)

ひろげたる枝いっぱいにさくら花大空染むる春を吸いおり   古澤和子
山頂に植樹する小(ち)さき人影あり彼方(かなた)ゆ見ゆや畑のわれも 松永玲子
如月のさみしき木々をふるはせて目白はゆたかに鳴き交はしゐる    森 ひなこ
満開のさくらようやく散りそむと卒寿のわれも心落ち着く          守光則子
やまじ風去りゆく朝をユスラゴの樹下にま白き花弁積もれり        吉田征子
コロナ下を電波がつなぐ友とわれ「雪がきれいよ」「雪かきしたよ」    大越由美子
化粧する鏡に入りて添う母の百面相に心を澄ます  大垰敦子
干し餅を砕き揚げたる五色あられをひなさまへ上ぐる尼寺の春  川口浩子
幸せは育てなくては逃げゆくとぞどう育まば留(とど)めおけるや  菅 篁子
沈丁花香る空き屋に山鳥のピーと鳴く声してふりかえる  栗原美智子
春彼岸水にひかりのうごきつつ蝌蚪(かと)のいのちのひしめきており  黒飛了子
春愁を断てばやる気のよみがえり詩歌ひもとく心となれり  廣本貢一
こんなにもしんしん寒き夜ならずは浮かび上がらぬ遠き日の君  柴村千織
春おそき雨にぬれつつアネモネはうつむきて今花をとじたり  鈴木敬子
参拝しふと狛犬をよく見れば後ろの脚が太くしっかり  高見俊和
寂しさを連れて墓所に登りたり連れて帰れと寂しさが言う  高本澄江
山道を下るがごとく歩めよとぞ八十五われ百歳目指す  滝沢韶一
古希過ぎし仲間集いて英文を読み解く午後よコーヒー香る  田中淳子
雪の日に救急車に乗り入院す夫はこのみし椅子を残して  豊田敬子
何気なく発せられたる言の葉を満開の桜いやしくれぬか   中元芙美子


2022/05/10

2022(令和4年)5月号

04042301令和4年5月号表紙_convert_20220627233334
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

04042302裏表紙4.5月_convert_20220627233516
04042303目次4.5月_convert_20220627233552

山本康夫の歌

あくがるる心を占めて刻々と満ちくる春の季感あたらし
時くれば治る病いにほけほけと寝て思う人生のよき面のみを
入院の日過ぎに思う勤務というものに制約されざる自由
わが病い篤くみとりてくれし母今は古里に老い深くいん
激痛のややおさまれば家の子の遊べるさまがまなかいに顕つ
戦場に傷つき苦しみし兵士らを思いぬ手術の痛みの際に

                 『山本康夫全歌集』(昭和六十三年刊)──補遺

20首抄(2022年4月号より抄出)
                                 
青空の私の帽子にめがけ降る雪はさながら意志もつごとく  津田育恵
真心にその折々に支えられ難のりこえて一歩踏み出す         中谷美保子
オミクロンという奇妙な名前にてじわじわ責め来(く)正月あけを     中元芙美子
ホッチキス針は小さな宝物からだを折って紙抱きしめる  西本光仁
昨夕の月食は見ず朝方に西の窓より光る月みる  延近道江
梅一輪あらばよろしと思いつつ誰にも会わぬ散歩道ゆく  松永玲子
冬日ざし浴びつつ少し遠くまで街を歩きてコロナ禍忘る  柳原孝子
迷惑をおかけしますと工事版に晴雨の日々を君はおじぎす  山本全子
束の間を園児の遊ぶ庭となるエナガ飛び交う冬の朝庭   新井邦子
暁の燃える赤玉わたりゆき沈み去るきわふたたび燃える  上田勝博
大楠は命のゆりかご十二畳の根元の穴に天神祀(まつ)らる  榎並幸子
餌を求め足らいて眠る野良猫の姿思いて我も眠りぬ   大垰敦子
わずかなる手足もて胴をくねらせてハレの舞台を泳ぐおみなご  岡田寿子
9・11に子を失いて二十年詮なきこととマイクに話す  金子貴佐子
寒々とマスク軍団うごめきて接種の順番競う街角  木村浩子
目の術後一粒一粒艶めけり夫のつくりしこの朝ごはん  栗原美智子
春の朝かっかと歩む石畳われは蹄鉄(ていてつ)もつにあらずや  黒飛了子
宇宙より還(かえ)り来る人歳晩に下界の人に何を語るや  鈴木敬子
女の孫が事あり顏してわれに対(む)き言わねど思う婚のことぞと  龍野日那子