FC2ブログ
2021/06/25

2020年(令和3年)7月号

03062201_(2)7_convert_20210625232051.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03062202_(2)7月号裏表紙_convert_20210625232205

2021年(令和3年)7月号
研究 
鴉山坊の教え-古典の小径147- 加藤定彦       
尾上柴舟のうた 244       岡田寿子  福光譲二  山本光珠  
内面客観の道をたずねて 山本康夫作品鑑賞 137      
                  大垰敦子  澤田久美子 村上山治  西本光仁                      
                  吉田ヒロミ 吉田征子  野坂昭雄  黒飛了子  
【異文化essay】39 ISS国際宇宙ステーション  田中淳子 
佳品嘆美*154〈万葉集〉〈岡井 隆〉山本光珠  近藤史郎
作品評   宮﨑孝司  月原芳子  山本光珠  石井恵美子 大瀨 宏  高本澄江     
      新井邦子  竹添田美子 上田勝博  濱本たつえ 弘野礼子  大越由美子 
作品抄出  豊田敬子  山本全子  勝地健一
再録  真樹の曙―旧号抄録 169
    真樹のうたびと 山本康夫/和田長一 
    他誌抄録 117
記   真樹サロン短歌会記 108 上田勝博       
    後記

ご案内 -2021年7月-
真樹サロン
   日時 7月25日(日)13時             
   会場 真樹社               
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当の上田勝博へ
   締切 7月15日

山本康夫の歌
たひらぎの心ねがひて眠れどもおもひみなぎり夜夜深くさむ
淡淡と余生たのしむ日は遠くむほん果てなき荒き息づき
静かなる余生を待てば身のうちにめぐりて熱き血をうとみそむ
いつの日に断ち得む執(しふ)かかきみだしみなぎるものを嘆く幾たび
己をば責めつつ或は人間のうるほひとも思ふこの執着よ
老いづけば老の境(さかひ)のありときく清しき老のその境ほる
                  『朝心抄』(昭和二十三年刊)───朝の電線

20首抄(2021年6月号より抄出)
もう十分生かされしわれワクチンの評判ききて予約ためらう     山本 全子        
宍道湖のもやおしわけて現るる船隊のあり粛々と鴨         新井 邦子
見あぐればひとつひとつがプテラノドン青き空ゆく白き翼に     大瀬  宏
どんぐりの二本の大木倒されて涙のかたちの花さかずなる      大垰 敦子
雨の道ひとり訪(と)いゆく亡き友へ最初で最後の花束持ちて      金尾 桂子
真円の橙色の太陽が赤信号の真横に並ぶ              小畑 宣之
海恋うや天の涙は川に落ち水の名を借り雲を映せり         近藤 松子
ほぐれつつ奔馬のごとき雲がゆく 春の野さして走りつづけよ    澤田久美子
ここで夢語るここから走り出すアンの姿に胸躍る旅         柴村 千織
濁りなき朝の光を留(とど)めいん桜さくらの坂を登りぬ        鈴木 敬子
夫ありて子らふざけ合う春ありて今残る身に姫りんご咲く      高本 澄江
大木の椿いよいよ盛りつつたんとあじわう今日も形見を       龍野日那子
異国なる城の収まる「スノードーム」まわしてblueの気分を飛ばす   田中 淳子  
雨よ降れ弥生の芽吹きにそっと降れみなぎる今はそを放たんに       津田 郁恵
ガラス戸に激突せしやこの真鶸冷たくなるを墓地におさめぬ     永井 妙子
歌詠みて言葉の深き不思議さを幾重にも知り歌誌めくるなり     中谷美保子
黄緑の帽子が春の空に合う五人と保母と信号を待つ         中元芙美子
なめらかに細き秒針一周すうつろに目覚め一日はじまる       松尾 美鈴
猪(しし)掘りて食べ散らかしし筍(たけのこ)の地中にありし春の黄の色  宮崎 孝司
ため息を幾度かつきて日が暮れる想像もなく創造もなし       森重 菊江
2021/05/28

2021(令和3年)6月号

03060401_(2)表紙_convert_20210609101736
題字 尾上柴舟  表紙 大瀨 宏
03060402_(2)裏表紙_convert_20210609102359

2021年(令和3年)6月号
研究 
詩人広瀬旭荘の遊歴(下)-古典の小径146- 加藤定彦 ・ 外村展子      
尾上柴舟のうた 243       上田勝博  澤田久美子 山本光珠  
内面客観の道をたずねて 136   小巻由佳子 高本澄江 宮﨑孝司  近藤史郎
                  豊田敬子  森ひなこ  勝地健一  佐藤静子 
【異文化essay】38 Japon(ハポン)さん    田中淳子 
佳品嘆美*153〈万葉集〉〈紀貫之〉 山本光珠  近藤史郎

作品評   大垰敦子  吉田ヒロミ 月原芳子  大瀨 宏  水野康幸  岡田寿子  
書評    岡田寿子  新井邦子
作品抄出  弘野礼子  柴村千織  井原弘美  菅 篁子                   
再録  真樹の曙―旧号抄録 168
    真樹のうたびと 山本康夫 / 大谷多香子 
    他誌抄録 116
記   真樹サロン短歌会記 107 新井邦子       
    私の一首          滝沢韶一
    後記
ご案内 -2021年6月-
真樹サロン
   日時 6月27日(日)10時~ 協力          
                13~15時 歌会
   会場 真樹社                
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者上田勝博へ(SMS可)
   締切 6月15日


山本康夫の歌
学生ら辻に売りゐしそこばくの品片づくる雨となる街
しのびやかにタンゴ洩れゐる窓の外歩みとどめて立つ暗き中
荒む世を潤すごとくバスガール発車合図す涼しき声に
働きてをとめはやさしバスの中鏡を出して顔見ることも
片手なき君もたつきを立つるとてもまれつつゆく人込の中
不自由の身を追ひ立てて働けるきみにしばらく痛むわが胸

                    『朝心抄』(昭和二十三年刊)

20首抄(2021年5月号より抄出)
仏壇の瓔珞(ようらく)壊れ畏(かしこ)みて師走の町に仏具店訪(と)う   宮崎 孝司
修道院の暮らしも難く老人ホームに三とせを世話になり妹は      守光 則子
イギリスのWEDGWOOD(ウエッジウッド)のブランドの薄きBLUE
は春の西空                            山本 真珠
馬立(うまたて)の川沿いに険し参勤道 土佐武士(もののふ)の外様の誇り  吉田 征子
籠もり居のわれの怠惰を呼び覚ますつぶてのような友の便りよ     米田 勝恵
初孫の命名なして逝きし夫嫁ぎゆく日に思い馳(は)せしや       有本 幸子
時じくの春雪降れり五階なる病室のベランダを訪(と)い来雪の子    石井恵美子
夕烏地に預くるかものの骨草に忍ばせ草かけて発(た)つ        上田 勝博
わが内に在(ま)すとう鬼は数匹か「鬼滅の刃」を読み終えて思う    大越由美子
冬の夜の手花火見たり降る雪をまとい嵯峨菊うつろに咲けり      勝地 健一
肌のうちにあふるる太陽あるごとく黒人メンバーかがよい走る     近藤 史郎
雪垂りを待つはヒヨドリ南天の赤き実のぞくその一瞬を        澤田久美子
凍る夜にふとよみがえる手の温(ぬく)み記憶の底の君に驚く       柴村 千織
庭の辺のメダカの宿の薄ら氷(ひ)を解かして春へと光ひとすじ      鈴木 敬子
できること一つずつ減る中にてもまだ力ある少しをよろこぶ      隅出志乃惠
散歩する道辺に梅の芽があまた ほのかなぬくみもらいて進む     高見 俊和
畑すみに霜焼け色の葉を広げタンポポは今春へ助走す         高本 澄江
冬枯れの少しく遠き野の道を亡夫の墓へと日はやわらかく       津田 育恵
はや春の陽気をのせて澄みわたる罪なき青空こころを染むる      富田美稚子
イルミネイトの色寒々しきその窓の内の明かきに円(まど)居思わる   福光 譲二
2021/04/04

2021(令和3年)4月号

03032201_(3)4月号表紙_convert_20210413195741
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

03032202_(2)4月号裏表紙_convert_20210413195832

2021年(令和3年)4月号
研究  詩人広瀬旭荘の遊歴(上)-古典の小径144― 加藤定彦 ・ 外村展子
    尾上柴舟のうた 241      澤田久美子 上田勝博  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 134  高本澄江 宮﨑孝司  月原芳子  近藤史郎
                     豊田敬子  龍野日那子 勝地健一  佐藤静子                     
    【異文化essay】37 sea vegetables(海藻) 田中淳子 
    佳品嘆美*151〈万葉集〉〈結城哀草果〉    山本光珠  宮﨑孝司
作品評      宮﨑孝司  月原芳子  山本光珠  石井恵美子 大垰敦子  吉田ヒロミ
         水野康幸  岡田寿子  大瀨 宏  米田勝恵  新井邦子
作品抄出     弘野礼子  柴村千織  井原弘美
再録  真樹の曙―旧号抄録 166               
    真樹のうたびと  山本康夫/橋本武子 
    他誌抄録 114
記   真樹サロン短歌会記 105 田中淳子       
    後記

ご案内 -2021年4月-
真樹サロン
   日時 4月25日(日)10時~ 協力          
                13~15時 歌会
   会費 500円(10時来会者は不要)            
   出詠 1首を担当者吉田征子へ(SMS可)
   締切 4月15日


山本康夫の歌
春風のそよそよ通う木下道松の花粉の見えて散り来る
田の水のくさりてたまる一ところかたまりて黒しおたまじゃくしのとも
通りゆくわが足音にうようよとおよぎいだせりおたまじゃくしのとも
日の透る溝の底ひにうようよとむつみあひをりおたまじゃくしのとも
溝ふかく透す日射しに自が影とまぎれてうごくおたまじゃくしのとも
春の水ゆたににごりてよどみゐる溝に目高子ここだ生れぬ

            『薫日』(昭和十二年刊)――季節篇――春――近郊     
                                  
      20首抄(2021年3月号より抄出)
                                  
冬の朝はるかに鳴らす汽笛あり期末テストは遠き幻          中元芙美子
窓よりの遠き山脈うるおえば心静かに年改まる            鍋谷 朝子
色づける銀杏の葉くわえ落としつぐ雀を見れば楽しきごとし      平本 律枝
鉄筆とガラスの面のかすかなる摩擦の音は絵に溶くるごと       水田ヨシコ
まだ乗れる自転車までも廃車にせり前へ進むは自らの脚        村上 山治
後ろめたい事はしないと言い聞かす自分が作る自分なるゆえ      吉田ヒロミ
遠き日に志士ら駆けゆく足音を風も聞きしか土佐北街道        吉田 征子
明けやらずオリオン仰ぐひとりなる我に拾えと流星は墜(お)つ      新井 邦子
山の端(は)にどっしり座る黒雲を暁光ひとすじこじ開けんとす     上田 勝博
生前の夫の施し時を経て今ひとり身のわれに注がる          岡田 節子
顏よりも大き香茸われ待てり落ち葉を分けて息をすいこむ       岡田 寿子
子供たちの作品詰めるダンボール廃棄の朝は手に触れて見る      折口 幸子
リモートの画面の母は手を伸ばしわが抱く猫をなでようとする     金尾 桂子
一天をつらぬく鵙のこえ絶えてひと谷の昼締まりくるなり       黒飛 了子
夕暮れに川沿い走るテールランプつつが無く任務終えて急ぐや     佐藤 静子
ヒロシマの記憶に生(あ)るるやさしさは共助なりしと奏者は語る     滝沢 韶一
目の前の黄なる葉どものほろほろと夕べ落つるにたたずめるあり    龍野日那子
西風(にし)凪(な)げば肥後は火の国たちまちに白い旅人地上に消える  月原 芳子
凍(い)て星に今日のひとみを感謝して玄関内に花の鉢納む        津田 育恵
霜の朝ブロッコリーに触れたれば受験生のごとピリリとしまる      豊田 敬子
2021/02/22

2021(令和3年)3月号

03022302_(2)_convert_20210222093702.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03022303_(2)_convert_20210222094052.jpg

2021年(令和3年)3月号
研究  記紀の歌枕と国学の徒-古典の小径143―   外村展子
尾上柴舟のうた 240       福光譲二  岡田寿子  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 134   大垰敦子  澤田久美子 村上山治 西本光仁
                    吉田ヒロミ 吉田征子  野坂昭雄 黒飛了子                     
    近現代歌人の一首〔上田三四二〕 近藤史郎
    【異文化essay】36 California roll(カリフォルニアロール)    田中淳子 
    佳品嘆美*150〈万葉集〉〈石川不二子〉   山本光珠  澤田久美子
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録 165
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/泉 覺性 
    他誌抄録 113
記   真樹サロン短歌会記 104 福光譲二       
    後記

ご案内 -2021年3月-
真樹サロン
   日時 3月28日(日)10時~  協力
               13~15時 歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
・通信参加は1000円
   出詠 1首を担当者吉田征子SMS可)
   締切 3月15日

山本康夫の歌
狐毛に鹿毛狸毛馬の毛と筆になすべく皮のまま買ふ
竹の管ころよきを選(よ)り束にして庇にとどくほども積みおく
刈りし毛はよき毛あしき毛と選りわけてそのよき毛もてよき筆作る
命毛の先はするどく腰強く諸毛あはせて玉の穂とする
揃ひたる諸毛さばきつ切れし毛や逆毛抜き去り指にまろむる
           『薫日』(昭和十二年刊)――人生篇――筆作り

      20首抄(2021年2月号より抄出)
                                  
渓流の辺の魔崖仏見落としぬ女人高野へ至る細道           竹添田美子
秋晴れの気のさわやかさ心までおだしく柿を食(は)む午後3時      富田美稚子
歌友らの言の葉われの頑(かたく)なな心を融(と)かし闇を照らせり    中村カヨ子
子供らの成長するを見られずて歩みし年月心に残る           難波 雪枝
しらじらと外明るめば灯を消して暗き中にて来し方おもう        延近 道江
天気雨秋の陽(ひ)を受け降りいるを窓あけて見る誕生日の朝       弘野 礼子
神々しさを覚えるほどの美しき初に扇雀見し日を覚ゆ          古澤 和子
「杵(きね)つきの餅」のチラシは君の村柔和な君はいかに暮らすや    宮崎 孝司
広島の地方議員に金の蔓(つる)伸びて絡みて一気に絞める        森 ひなこ
言論の自由無き戦後をしのばせて「ひめばなし」とぞ繰り返さるる    柳原 孝子
ブランコを漕(こ)ぐたび冬の太陽の縁(ふち)はまわれり白金王冠      山本 真珠
空澄みて真白き雲もにぎわえり思い思いのGoTo秋の旅        吉田 征子
情島にて釣りし友よりもらいたる鯛いきいきと冷蔵庫に映ゆ       岩本 淑子
幼子が「父(とう)さん」と呼びかけておりよきかな「パパ」の時代は終われ  宇吹 哲夫
時は大正 鬼殺隊員「炭治郎」一コマごとに迫力を増す         大垰 敦子
あたたかき情熱そそぎ短歌道教えたまいし師の恩深し          大津タカヱ
旧街道に忘れられいるみちしるべなぞりなぞりて古き字読めず        折口 幸子
障害児の育てし花は金盞花(きんせんか)土に根をはり陽(ひ)に向かいて咲く   勝地 健一
なじみなき文字に悩みつつ時惜しみLineに向かうわが性(さが)悲し    木村 浩子
山の端が残照に染みて一瞬の輝き去りて別世界となる            隅出志乃惠
2021/02/04

2021(令和3年)2月号

03012901_(2)2月号表紙_convert_20210204172539
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03020901_(3)裏表紙_convert_20210222105212

2021年(令和3年)2月号

研究  三十三間堂の仏像二体-古典の小径142―   外村展子
尾上柴舟のうた 239       福光譲二  澤田久美子 山本光珠  
内面客観の道をたずねて 132   石井恵美子 柳原孝子  高本澄江  廣本貢一
    西本光仁  野坂昭雄  吉田ヒロミ 上田勝博                     
    近現代歌人の一首〔大津仁昭〕 近藤史郎
【短歌時評】26 もっと短歌を楽しみたい   吉田征子 
佳品嘆美*149〈万葉集〉〈万葉集〉     山本光珠  上田勝博
作品評
再録  真樹の曙―旧号抄録 164(1)(2)-
    山本康夫のノートより   
    真樹のうたびと  山本康夫/原 靑波 
    他誌抄録 112
記   真樹サロン短歌会記 103 弘野礼子       
    執筆者一覧 3月号から
後記

ご案内 -2021年2月-
真樹サロン
日時 2月28日(日)10時~  協力
               13~15時 短歌会
(歌会だけの参加も歓迎)
   会費 500円(10時来会者は不要)
・通信参加は1000円
   出詠 1首を担当者吉田征子へ(SMS可)
   締切 2月15日


山本康夫の歌
世界一のオペラの殿堂といふスカラ座の歌は電波をつたひてぞ聞く
いまだ聞かざる人もローマに多からむスカラ座のオペラわれ寝ねて聞く
ローマの都に歌ひ踊れるをとこをみな狂ふ胡蝶のごとくも見えく
無始無終地球を巻きてみちわたる電波としいふものはおそろし
今ここにひそかに言へる陰口も何億万里をめぐりてあらむ

           『薫日』(昭和十二年刊)――人生篇――地球と電波

20首抄(2021年1月号より抄出)
                                  
来る親を待ちに待ちたる日は浅く今日の明かりをともすときなる      佐々木孫一  
この秋の庭にぽっかり穴のあき外山滋比古氏を悼むあき          笹田四茂枝   
制約の多き世情にありてなおおのれ失わず生きんとねがう          隅出志乃惠         
ママの服しっかり持てる幼子と横断歩道を渡る自転車            高見 俊和
青空に柿一つのみ残りたり頼るものなしこどもの意地よ           滝沢 韶一
空澄みて日陰選ばず歩めればブルゾンが淡い風を孕(はら)めり        長嶋 彰子
才なしとひと時捨てたる道なれどそれでも歩めと自然の声は         鍋谷 朝子
青い空へ腕を突き上げ背伸びする君よ旅ゆく瀬戸に潮風           畠山 清子
灯のつかぬ隣の主はケアハウス 里の外灯静もりてあわし          廣田 怜子
文法書第一章を読み終えて仰ぐ九月の空の明るさ              弘野 礼子
うちそとを従うままに流されぬ道を見きわめたるがごとくに         福光 譲二
思い出は青春の日々美(は)しき日も厳しき日々も宝石のごと         古澤 和子
遺伝子に母なる童話刻みつつ姉妹は咲かす別々の花             森 ひなこ
三階の部屋なる窓をながむれば月こうこうとガラスを照らす         矢追 房子
先の見えぬ失業にいて月刊誌「真樹」ゆっくり読破しようぞ         山本 全子
糾(あざな) える縄のごとしと誰(た)が言いし姉逝ける秋孫の婚成る      有本 幸子
遠つ山も手にとるがにも極まれる澄明のひと日いのち洗わる         石井恵美子
木の柵にもたれて二人「立ち話」明るき声は点描画の中           大垰 敦子
奥入瀬を共に下りしもみじ狩り今も残れり壮なる姿             木村久仁子
ようやくに日差し秋めき白鷺城に落ちる影さえ和らぐ覚ゆ          小巻由佳子