FC2ブログ
2024/01/19

2024(令和6年)2月号

06011901表紙_convert_20240119140317
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏 
06011903目次左_convert_20240119140435
06011904目次右_convert_20240119140541
06011907佳品嘆美_convert_20240119140634
2024・2真樹の歌人_convert_20240127195909
06011902裏表紙_convert_20240119140655


06011905曙_convert_20240119141823
06011906曙裏_convert_20240119141847
2024・2後記_convert_20240125143329
     20首抄(2024年1月号より抄出)

だんだんと光と空が青くなる春の時間はゆっくり過ぎる  西本光仁
落ち込みし時は「真樹」誌選び読む気づけば真樹の泉に浸りぬ  水田ヨシコ
ふるさとへ六十分の空の旅雪の少ない富士をまたぎて  宮本京子
ひとたびは風を知りたる土塊(くれ)をマンション直下生き埋めにする  森 ひなこ
十五夜を君いずこにて眺むるや秘めし想(おも)いをうさぎに語る  山辺洋子
北上川の放射冷却ゆえという霧みつつ飲む熱きコーヒー  山本真珠
朝焼けは素足となりてわが向かわんアポロンの神の光あふるる  新井邦子 
阿武山に朝日の照れば紅葉映ゆ五彩の色にかがやく肌え 石井恵美子
仕方ない何とかなると言いながら心静めて仏間に座る  畦 美紀恵
松の木に精は宿るか去り難く「松に習え」の芭蕉を思う  大越由美子
酔芙蓉咲けば娘のごとくなり白よピンクよひかり輝く  大西博臣
繁茂する庭の足もと整うれば清風抜けて花も生き生き  岡田節子
戦禍の子の声なき声も詠み込んで世界に伝えん大和心で  栗林克行
聞くことに徹せんとしてあめ玉を共にほおばり相談を受く  栗原美智子
がむしゃらに仕事追いゆく顔捨てて幾日か良妻賢母の顔たり  黒飛了子
枠なしに過ごしたき日をきめられた三十一文字(みそひともじ)とう美形にはまる  佐藤静子
旱夏(ひでり)踊るホースに妻しゃぐ光る水玉潤おう樹々(きぎ)よ  椎野祐治
ただいまと待つ人の無き家に告げ五人家族の幻は見ゆ  隅出志乃惠
人の世に質草として拉致さるる民の哀れに心痛めり  滝沢 韶一
文明の十字路見んとプラン立つれど円安続き夢は遠のく 田中淳子

関連記事

コメント

非公開コメント