FC2ブログ
2020/05/01

2020年(令和2年)5月号

_convert_20200501220029.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

2020年(令和2年5月号)
☆研究  □遠州小夜中山之古跡 -古典の小径134―  …外村展子
□尾上柴舟のうた230          ‥‥ 近藤史郎 岡田寿子 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて123     ‥‥ 大垰敦子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                       廣本貢一 上脇立哉  吉田征子 勝地健一                 
□近現代歌人の一首【近藤芳美】      ‥‥ 新井邦子
□【短歌時評】23 真樹について今思うこと‥‥ 村上山治 
□佳品嘆美*140〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉  ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
  
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録155
□他誌抄録103
☆記   □真樹サロン短歌会記 94      ・・・福光譲二       
□後記  
□真樹賞・真樹奨励賞・康夫賞・年度賞応募要項
     □ピクチャ便り♠13猿猴川河畔の桜

山本康夫の歌  2020年(令和2年)5月号
工業地帯に汽車は入りしか暁をすでにトラックの往来はげし
旅の夜のちさき聖餐つぎ合いてグラス合わすればカチリと音す
川端の宿にめざめし目にしみてしらじらと夜明けの風の入りくる
流行の生地掛けられてマヌカンの醜女に映ゆる宵の灯明り
みやげ物売り場の少女声清く人住むところこの憩いあり
海に向かうホテルの窓の一せいに輝きそめて日は生れんとす

『山本康夫全歌集』(昭和三十九年刊)―「旅に拾う」(昭和三十七年作)

    20首抄(2020年4月号より抄出)
日焼けせし障子貼り替え迎えたり初日の光奥まで入りぬ        濱本たつえ
孟宗竹惜しみつつ切りし涙目に椿三本(もと)の落花が見ゆる       松永 玲子
「萬年青樹綴新花」と書名の意に合う漢籍の引かるる後記       柳原 孝子 
いとこたち去りて土産の早桜、幾種もの菓子に居間は華やぐ      山本 真珠
なにゆえに恐れをなすか野良猫は私の視野から猛ダッシュせり     山本 全子
山茶花をこよなく愛(め)でしを語りいし母すでにしてその母のもと   吉田 征子
ミサイルも災害もなき天界に奏でる星のきらめくリズム        米田 勝恵
ふときざす悲哀を胸に街ゆけば行きかうものみな淡き影ひく      大瀨  宏
夕暮れの駅へ急ぐは誰が待つ七階の窓にストーリーを読む       岡  暘子
いろり端「ひとり鍋」して煮つまれり位牌(はい)が並ぶ仏壇の前に   勝地 健一
「新(あらた)しき年の始め」と書き初めし里の社に掲げられたり    川口 浩子
十和田湖に紅葉の大木枝のばし自(し)がうれしみを映せるごとし    木村久仁子
病室のベッドに臥(ふ)せる母の目に何か宿りてわれを凝視す      黒飛 了子
雪道を二百五十キロ走り来て風呂に入れば眩暈(めまい)を覚ゆ     小畑 宣之
くりやにて手伝う身には分かねども千姫顕彰会は和き気配す      小巻由佳子
過ぎきたる日々の良きこと留め置きて心静かに春を飾らん       鈴木 敬子
常(とこ)しえに望郷の思い消えざらん春夏秋冬帰しては足らう     龍野日那子
手入れよき花を見おればおのずから花の精にぞ引き込まれゆく     富田美稚子
苦の多き母はも歌を詠みつぎけり歌にすくわれし母の一生       永井 妙子
もう話すことのない母その部屋にとけ入るような冬の夕焼け      長嶋 彰子   


2020/03/22

2020年(令和2年)4月号

真樹2020.4月号表紙
題字 尾上紫舟 表紙 大瀨 宏

2020年(令和2年4月号)
☆研究  □美男で裕福な人   -古典の小径133― ...外村展子
□尾上柴舟のうた229         ‥‥澤田久美子 宮﨑孝司 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて122     ‥‥石井恵美子 大垰敦子 高本澄江 西本光仁
                          吉田ヒロミ 野坂昭雄 勝地健一 上田勝博                     
□近現代歌人の一首【蒔田さくら子】   ‥‥近藤史郎
□【異文化essay】29  solar power   ‥‥田中淳子 
□佳品嘆美*139〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉   ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
☆書評  □尾上兼英著『中國小説史研究序説』  ‥‥山本光珠  
□筒井早苗歌集『椿は咲きて』     ‥‥新井邦子
□和嶋勝利歌集『うたとり』      ‥‥森ひなこ
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録154(1)(2)(3)(4)-
□他誌抄録102
☆記   □真樹サロン短歌会記 93       ...新井邦子       
□後記

ご案内 -2020年4月-
真樹サロン
   日時  4月26日(日)10時~   協力
                 13~15時  短歌会
   会費 500円(10時からの来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 新井邦子まで(SMS可)
   締切  4月15日

 
山本康夫の歌―2020年(令和2年)4月号
うから率て大隅・薩摩とめぐりゆく花呼ぶ春の雨の一日を
行くところ溶岩地帯 昔より火噴きつづけし大隅・薩摩
はるばると来たりて巡る今日一日錦江湾はおおにけぶらう
みんなみの島は三月すでにして山の中にも桜まさかる
長崎鼻へ走り降りゆくそのかみの地が噴き上げし溶岩の上
天草の十三仏岬に立ちつくす果たてに大陸も見ゆる思いに

『山本康夫全歌集』(昭和六十三年刊)-大隅・薩摩(昭和五十五年作)

  20首抄(2020年3月号より抄出)
巨星墜(お)つバーミアンにはみ仏在(ま)さず非情なる弾(だん)誠を砕く  中谷美保子
夕茜(あかね)を背景にして黒く浮く竹やぶのなか雀かしまし       延近 道江
見渡せば紺碧(ぺき)の空に雲もなしこのもとをとて杖(つえ)をつきゆく  平本 律枝
中村医師死すとも用水路は生きて流れて幾万の人を養う        松井嘉壽子 
増えきたるあわ立ち草はおのが世を誇るがに立つこの荒れ畑に   松永 玲子       
葉の裏の赤きに戦禍偲(しの)ぶなりベトナム原産なる青紫木(せいしぼく)  宮﨑 孝司
縮景園のソテツにコモを巻く人よ木々への愛をその背に見せて     村上 山治
一帯をもみじは緋(ひ)色にうめつくしわれの無礼をおぎないくれぬ     吉山 法子
国ゆずりの稲佐の浜の砂を踏む今し落日海色七重           石井恵美子
「瑞穂」なる地の改名を道祖神に問う者もなく変わり果てしか     上田 勝博
背の高きクレーン二基立ち大手術するに似て炉の解体進む       上脇 立哉
乙女子にほほえみもらいお返しは周囲をはばかり笑顔で応ず      宇吹 哲夫
不足とうボルトとナットは東京へオリンピックへこぞりて進む     大越由美子
胡子堂の由来を知らぬ若宮司祝詞を終えて愛想(あいそ)よく去(い)ぬ   岡田 寿子
卒寿なる母の手いつか白くなりぬ「きれいになった」と言えばかなしき  金尾 桂子
何もなきことこそ幸と言いしこと それより私は不幸になりぬ      木村 浩子
冬至来て夜がおもむろにこれからは無くしてゆかむ優越感を       廣本 貢一
行く先も決めず連れ立つ人もなき各駅停車の旅に出(い)でたし      澤田久美子
満月に負けじと明かり放ちゆく部活帰りか夕暮れの土手        髙見 俊和
夕陽(せきよう)は炎となりてまともなるビルのガラスに今日も沈みぬ  月原 芳子


2020/03/02

2020年(令和2年)3月号

02022501_真樹2020.3月号表紙_convert_20200302153520
題字 尾上柴舟 表紙 大瀬 宏
2020年(令和2年3月号)
☆研究  □歌題の本意   -古典の小径132― ...外村展子
□尾上柴舟のうた228         ‥‥近藤史郎 岡田寿子 山本光珠  
     □内面客観の道をたずねて121     ‥‥柳原孝子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                          廣本貢一 上脇立哉 吉田征子 勝地健一                     
     □近現代歌人の一首【小島ゆかり】    ‥‥森ひなこ
     □短歌時評 22  「不易流行」     ‥‥宮﨑孝司 
     □佳品嘆美*138〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉   ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
☆書評  □大友清子歌集『すゑひろがり』    ‥‥岡田寿子
     □島 晃子歌集『天上の森』      ‥‥新井邦子
     □立木節子歌集『紡ぎし言の葉』    ‥‥岡田寿子
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録153-
     □他誌抄録101
☆記   □ピクチャ便り♠⑫ 「真樹」を、どうぞ
□真樹サロン短歌会記 92        ...上田勝博       
     □後記

ご案内 -2020年3月-
真樹サロン
   日時  3月22日(日)10時~   協力
                 13~15時  短歌会
   会費 500円(10時からの来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切  3月15日

 
山本康夫の歌―2020年(令和2年)3月号
春霞む大和盆地を見渡して小高き草の丘に昼餉す
線彫りの釈迦の豊けき表情に千余年のかみのこころ通いく
山の辺の道ゆきゆけば纏向の弓月が岳は霧とざしたり
山の辺の道歩み来て石の上布留の宮居は蒼茫と暮る
密林の暮れづく中に石の上布留の宮居は浄く古りたり
『樹の遠景』(昭和五十四年刊)-山の辺の道(昭和四十八年作)

 20首抄(2020年2月号より抄出)
冬の日をそびら一面に浴びながら草抜くわれも神の子ならん      滝沢 韶一
ここちよく澄みたる朝(あした)しずかにも花芽ひらきて無言の主張   富田美稚子 
夕焼けにタイワンフウ映ゆ居並ぶが炎のごとく陣中のごとく      中元芙美子
のきに干すべっ甲色の柿の実よひとつひとつに秋日の魔法       廣田 怜子
ほそりゆく孤独な余生さむけれど歌を詠む時二人となりぬ       松井嘉壽子
体力のありてこそなり夢描き続けんとして険しき書道         水田ヨシコ
葉の落ちて枝影淡き庭に見る遠く黙して春を待つ山          宮﨑孝司
あの暑さあの雨のさま消えて今朝立冬を知る隠しき部屋に       村上 山治
魂をゆさぶられいぬ絶ゆるなく伝えられ来し荘厳の儀に        吉田ヒロミ
うす日さす秋の苔(こけ)道訪(と)いゆけば滝の瀬音の澄みてわれ呼ぶ   吉田 征子
床の間の名号の軸を収めつつかなしみの階一つ越したり        米田 勝恵
深み行く秋の空気を震わせて単線ジーゼル北さして行く        石井恵美子
御大礼奉祝行事の祝宴にわれも出(い)でたり遠石の宮に         岩本 淑子
秋風にラムを一杯キューバ産ハバナクラブにこころ燃やさん      大瀨  宏
「初大師」正月三日のダルマ市に人にもまれて達磨(だるま)求めつ    大垰 敦子 
脳裏をかすむ『宇宙樹』『果樹林』『音楽樹』(おんぎょうじゅ)
いま『青樹林』わが宝なり                     大津タカヱ
台風に備えよと子にメールして夢にし見たり食パンの山        岡田 寿子
九年間共に学んだ翁(おきな)なり多くは語らず秋の日西へ        岡畑 文香
負いきれぬ責任感の疎ましく吐息つきおり孤独なる時に        木村 浩子
明日とう日宙に掲げて生きんかな透徹したり今(こ)宵の月に       笹田四茂枝 


2020/02/01

2020年(令和2年)2月号

_convert_20200201103209.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
 2020年(令和2年2月号)
☆研究  □北村季吟展の桃青―風蘿坊から風羅坊へ―  
-古典の小径131― ....加藤定彦、外村展子
□尾上柴舟のうた227         ‥‥岡田寿子 近藤史郎 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて120  ‥‥小巻由佳子 大垰敦子 高本澄江 宮﨑孝司          福光譲二 野坂昭雄 吉田ヒロミ 上田勝博                     
□近現代歌人の一首【土屋文明】   ‥‥澤田久美子
□【異文化essay】28 Scotland     ‥‥田中淳子 
□佳品嘆美*137〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉 ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評

☆再録  □真樹の曙―旧号抄録152-
      □他誌抄録100
☆記   □真樹サロン短歌会記     ...中村カヨ子       
      □後記
ご案内 -2020年2月-
真樹サロン
   日時  2月23日(日)10時~   協力
                 13~15時  短歌会
   会費 500円(10時からの来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切  2月15日

 
山本康夫の歌―2020年(令和2年)2月号
うつつには面わ忘れてある君を夢にあらはにわが見たりけり
音もなくただおぼろげのわが部屋に君はさびしく坐りゐにけり
夢に逢ひて奇しき君とし思はねば心のかぎりいとしまざりし
夢にあひて今消えゆきし君がかげまたも追はむと目をつぶりたり
いまの夢に逢ひたる君を追はむとて眠らむとすれば目にさえくるも
『真清水』(昭和6年刊)-夢

2020年2月号「前号20首抄」
      20首抄(2020年1月号より抄出)
わたしには何もできぬと胸内に悲痛に叫ぶわが声あわれ        隅出志乃惠
ペダル踏む道辺の田んぼ案山子四騎(よんき)一列にとうせんぼして   高見 俊和
からたちの葉を柚子坊は食いあらす棘(とげ)もつ樹(き)とて脅威はありぬ  龍野日那子
爪切りて我が分身の捨てどころ昔はものを思わざりしか        月原 芳子
病状をどこまで説明せんものかいつも迷えり人に会うとき       豊田 敬子
暖(だん)のため冷(れい)のためだと熱求め地球をまっ赤な炭団(たどん)に変える 西本光仁
人の波にもまれ九段坂のぼりくれば献燈(とう)あかあかと皆を待ちいる  延近 道江
オキナワの海にジュゴンはもういない消えゆく藻場と一蓮の果て    福光 譲二
夫とおりささいな言葉に傷つきてふとした言葉にまた救わるる     松尾 美鈴
ふくしまの二十世紀を手に翳(かざ)す かたじけなしや天然果実     森 ひなこ
一片の雲なく晴れて天高し今日はわが家の稲を刈る日ぞ        守光 則子
モロー展雑なるタッチと思いつつ離れて見れば浮かぶ真実       森重 菊江
一粒の種になるかと本送る一冊は遠く一冊は里へ           吉山 法子
たそがれに摘む白百合よ胸ゆらすニニ・ロッソ彼(か)の音色思いぬ    新井 邦子
色街の名残(なごり)はとうにあらずして線路の端(はた)に燃ゆるカンナよ 上脇立哉
おやみなく降りし雨止(や)みて薄日さす宮殿の上(え)に七色の虹     宇田 文子
うれいごとと慶(よろこ)び続きわれ子として母として濃い時を過ごせり  榎並 幸子
友逝きし祥月命日近づけばえんどう豆のまき時となる         岡畑 文香
謙虚さをかなぐり捨てて踊り出す見てゐるうちに人が代は変はりて  廣本 貢一 
真実を詠まんとするもためらいの心の湧きて虚構に遊ぶ       近藤 松子      

2018/08/28

平成30年7月豪雨で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。