FC2ブログ
2020/07/06

2020(令和2年)7月号

2020_7月号表紙_convert_20200706011357
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
7月号 表2_convert_20200725161950


2020年(令和2年)7月号
☆研究 □遊行上人   -古典の小径136―...外村展子
      □尾上柴舟のうた232       ‥‥岡田寿子 近藤史郎 山本光珠 
      □内面客観の道をたずねて125    …大垰敦子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                         月原芳子 廣本貢一 吉田征子 勝地健一
    □近現代歌人の一首(松村正直)   … 森ひなこ
      □【異文化essay】31SDGs (持続可能な開発目標)…田中淳子             
      □佳品嘆美*142〈万葉集〉〈島木赤彦〉…山本光珠 宮崎孝司
☆作品評
☆再録 □真樹の曙―旧号抄録157               
     山本康夫のノートより              表見返し
     真樹のうたびと   山本康夫 壽岡里容     表見返し
     □他誌抄録105 
☆記  □真樹サロン短歌会記96         中村カヨ子
     □後記
ご案内-2020年7月—
  真樹サロン
   日時 7月26日(日)10時~  協力
             13時~15時 短歌会
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切 7月15日


山本康夫の歌――2020年(令和2年)7月号
時くれば成りてうれつつトマトの実この旱(ひでり)にも汁したたらす
朝畑に立ちてもぎ食ふトマトよりしたたる汁は手を伝ひ落つ
本降りとなれる雨かもよろこびの心をゆりて今宵眠れず
降り足らふ雨の音かもかはきしるきわが畑も雨をむさぶり吸はむ
降り足りて黒くうるほふ畑土に力のかぎり鍬うちおろす
『麗雲』(昭和二十二年刊)――土とともに(昭和十四年作)
☆追悼録
 後藤祝江氏追悼    水田ヨシコ 古澤和子  勝地健一
                吉田征子  石井恵美子 山本光珠
                新井邦子
  20首抄(2020年6月号より抄出)
古き文の「あいたいですね」の温かき文字に揺らぎぬ今の心は     吉田ヒロミ 
たからものひとつ消えにけり仰ぐもの真直(す)ぐであることくれしあすなろ     吉山 法子
「いのち一ぱい咲く」と詠みたるかの子思う一樹に耀(かがよ)うさくら仰ぎて    米田 勝恵
ウイルスに占領されし地球の上(え)にスーパームーンはこうこうとあり   榎並 幸子
不確実な明日に向き合うコロナ鬱(うつ) 満山の桜をセーターに編む    大垰 敦子
在りし日に夫と仰ぎし八重桜ひとり見入りてあれば舞い散る      大津タカヱ
コロナにて行事にわかに変われども卒業生には延ばし代なし      岡田 節子
リバイバル映画のなかに時をみる隣の席を空けたままにて       勝地 健一
つばめらの孤を描く空眺めつつ低く草引くコロナ禍の春        金尾 桂子
樹(き)のごとくなりたきわれもほぐれゆく羊歯(しだ)の胞子も月夜のものよ  黒飛 了子
平行線たどるばかりの言ひ合ひにやうやく妥協が割り込みてくる      廣本 貢一
四時起床昨日の夢は今日となる地球が回る速さのなかで          佐々木孫一
積む本のあれば心の安らぎぬ腕(かいな)とられて身を沈めたり       笹田四茂枝
いずこなる庭に沈丁花は香る御(み)寺の知らせを配りゆく道        高本 澄江
久々に庭に出(い)でたるイタチの子我と目が合い葉かげへ速き       永井 妙子
「アララギ」の歌詠み人(びと)の大叔母の歌集『葦の間の川』詠み継がん  中谷美保子
ため息の沁(し)みる独り居 氷雨ふる夜は思い出に抱(いだ)かれ眠る     中村カヨ子
文を書き詩に転じまた山多き短歌の道にまぎれ歩めり           鍋谷 朝子
一肌ぬぐことはよそでもできるとも生まれたここで大決心する       的場いく子
四肢麻痺 (まひ)の回復いかに妻はただリハビリに励む笑顔とともに     村上 山治

2020/05/30

2020年(令和2年)6月号

02052601真樹6月号表紙_convert_20200530111644
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
6月号 表2_convert_20200725160809

2020年(令和2年6月号)
☆研究 □今ハ遊ブ極楽界ノ中ノ風ニ-古典の小径135―  …外村展子
□尾上柴舟のうた231               …福光譲二 澤田久美子 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて124          …石井恵美子 柳原孝子 小巻由佳子 高本澄江
                             西本光仁 野坂昭雄  吉田ヒロミ 上田勝博                 
□近現代歌人の一首【上村典子】         … 近藤史郎
□【異文化essay】30 infection(感染症)   …田中淳子
□佳品嘆美*141〈万葉集〉〈窪田空穂〉       …山本光珠 吉田征子
☆作品評
  
☆再録 □真樹の曙―旧号抄録156(1)(2)
    □山本康夫ノートより……        表見返し
    □真樹のうたびと  山本康夫 廣兼伸樹 表見返し
    ◇他誌抄録― 104
☆記  真樹サロン短歌会記95            …岡田寿子
    合同歌集第九集「律動」より
    後記
ご案内- 2020年6月—
  真樹サロン
   日時 6月28日(日)10時~  協力
             13時~15時 短歌会
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切 6月15日


山本康夫の歌――2020年(令和2年)6月号
戦争の世も飢餓の世も越えて来ぬ無残はわれの歌に証して
生きいること身にしみて思う日頃なり苦難の極み越えて幾年
血を血もて洗う世界のさま知ればわれらが平和われら死守せん
戦争に身体酷使して還りたる友らつぎつぎに病みて死ににき

 『山本康夫全歌集』(昭和六十三年刊)――劫火を越えて(昭和五十五年作)

20首抄(2020年5月号より抄出)
墨色のよきを覚えて筆運ぶ集中続く朝光(かげ)の窓           水田ヨシコ 
四十雀の影の消えたる巣をみれば体毛と苔(こけ)のゆりかごにして    新井 邦子 
命終に思いおのずと及ぶときひとりの人のまなざしかえる       有本 幸子 
まろやかな香りのワインを含みつつ遠き人思い夜の更けゆく      岩本 淑子
大炉にて亭主の点前進む中そこはかとなく「瑞雲」香る        宇田 文子
夫はその母と同じき病なり胎内被曝の苦しみの道           榎並 幸子
薬害でナースに近き部屋となる夫の様子をそっと覗(のぞ)きぬ      岡田 節子
裏庭のラッパ水仙咲きさかり探し物の日ひとり芝居めく        折口 幸子
寒昴(すばる)傾斜の尽きてわが思う母の浄土も凍りてあらん       近藤 史郎
闘病の長きを数えこよいまた院の壁見て人生耐えん          佐々木孫一
「ぐらしか」とおくに訛(なま)りを重ねつつ『苦海浄土』よ哀切深し  滝沢 韶一
シンボルの朱(あけ)の鳥居は補修中鹿ももの憂げウイルス禍にて     竹添田美子
空曇り舞い散る小雪にメキシコ人声あげて日本の冬を愛(め)でたり    田中 淳子
この春の時世を照らす玉響(たまゆら)の薄紅いろよ花明かりなり     出木 麗珠
青空にぐんぐん伸びし飛行雲を受験生の孫素早く写す         豊田 敬子
長々と達磨(だるま)大使に祈りいる友の胸ぬちしみて思おゆ       中村カヨ子
平成が令和にかわりしその年に夫は令和を知らず逝きけり       難波 雪枝
ぐつぐつと煮立ったあとの上澄みはとりてさやかな言葉を選ばん    西本 光仁
遠目にもあれよあれよとふたもとの梅の咲きゆく紅が映ゆ       廣田 怜子
目を細め紫煙の向こうに乗り出してとつとつと語る君がいたりき    古澤 和子


2020/05/01

2020年(令和2年)5月号

_convert_20200501220029.jpg
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

2020年(令和2年5月号)
☆研究  □遠州小夜中山之古跡 -古典の小径134―  …外村展子
□尾上柴舟のうた230          ‥‥ 近藤史郎 岡田寿子 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて123     ‥‥ 大垰敦子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                       廣本貢一 上脇立哉  吉田征子 勝地健一                 
□近現代歌人の一首【近藤芳美】      ‥‥ 新井邦子
□【短歌時評】23 真樹について今思うこと‥‥ 村上山治 
□佳品嘆美*140〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉  ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
  
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録155
□他誌抄録103
☆記   □真樹サロン短歌会記 94      ・・・福光譲二       
□後記  
□真樹賞・真樹奨励賞・康夫賞・年度賞応募要項
     □ピクチャ便り♠13猿猴川河畔の桜

山本康夫の歌  2020年(令和2年)5月号
工業地帯に汽車は入りしか暁をすでにトラックの往来はげし
旅の夜のちさき聖餐つぎ合いてグラス合わすればカチリと音す
川端の宿にめざめし目にしみてしらじらと夜明けの風の入りくる
流行の生地掛けられてマヌカンの醜女に映ゆる宵の灯明り
みやげ物売り場の少女声清く人住むところこの憩いあり
海に向かうホテルの窓の一せいに輝きそめて日は生れんとす

『山本康夫全歌集』(昭和三十九年刊)―「旅に拾う」(昭和三十七年作)

    20首抄(2020年4月号より抄出)
日焼けせし障子貼り替え迎えたり初日の光奥まで入りぬ        濱本たつえ
孟宗竹惜しみつつ切りし涙目に椿三本(もと)の落花が見ゆる       松永 玲子
「萬年青樹綴新花」と書名の意に合う漢籍の引かるる後記       柳原 孝子 
いとこたち去りて土産の早桜、幾種もの菓子に居間は華やぐ      山本 真珠
なにゆえに恐れをなすか野良猫は私の視野から猛ダッシュせり     山本 全子
山茶花をこよなく愛(め)でしを語りいし母すでにしてその母のもと   吉田 征子
ミサイルも災害もなき天界に奏でる星のきらめくリズム        米田 勝恵
ふときざす悲哀を胸に街ゆけば行きかうものみな淡き影ひく      大瀨  宏
夕暮れの駅へ急ぐは誰が待つ七階の窓にストーリーを読む       岡  暘子
いろり端「ひとり鍋」して煮つまれり位牌(はい)が並ぶ仏壇の前に   勝地 健一
「新(あらた)しき年の始め」と書き初めし里の社に掲げられたり    川口 浩子
十和田湖に紅葉の大木枝のばし自(し)がうれしみを映せるごとし    木村久仁子
病室のベッドに臥(ふ)せる母の目に何か宿りてわれを凝視す      黒飛 了子
雪道を二百五十キロ走り来て風呂に入れば眩暈(めまい)を覚ゆ     小畑 宣之
くりやにて手伝う身には分かねども千姫顕彰会は和き気配す      小巻由佳子
過ぎきたる日々の良きこと留め置きて心静かに春を飾らん       鈴木 敬子
常(とこ)しえに望郷の思い消えざらん春夏秋冬帰しては足らう     龍野日那子
手入れよき花を見おればおのずから花の精にぞ引き込まれゆく     富田美稚子
苦の多き母はも歌を詠みつぎけり歌にすくわれし母の一生       永井 妙子
   


2020/03/22

2020年(令和2年)4月号

真樹2020.4月号表紙
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

2020年(令和2年4月号)
☆研究  □美男で裕福な人   -古典の小径133― ...外村展子
□尾上柴舟のうた229         ‥‥澤田久美子 宮﨑孝司 山本光珠  
□内面客観の道をたずねて122     ‥‥石井恵美子 大垰敦子 高本澄江 西本光仁
                          吉田ヒロミ 野坂昭雄 勝地健一 上田勝博                     
□近現代歌人の一首【蒔田さくら子】   ‥‥近藤史郎
□【異文化essay】29  solar power   ‥‥田中淳子 
□佳品嘆美*139〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉   ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
☆書評  □尾上兼英著『中國小説史研究序説』  ‥‥山本光珠  
□筒井早苗歌集『椿は咲きて』     ‥‥新井邦子
□和嶋勝利歌集『うたとり』      ‥‥森ひなこ
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録154(1)(2)(3)(4)-
□他誌抄録102
☆記   □真樹サロン短歌会記 93       ...新井邦子       
□後記

山本康夫の歌―2020年(令和2年)4月号
うから率て大隅・薩摩とめぐりゆく花呼ぶ春の雨の一日を
行くところ溶岩地帯 昔より火噴きつづけし大隅・薩摩
はるばると来たりて巡る今日一日錦江湾はおおにけぶらう
みんなみの島は三月すでにして山の中にも桜まさかる
長崎鼻へ走り降りゆくそのかみの地が噴き上げし溶岩の上
天草の十三仏岬に立ちつくす果たてに大陸も見ゆる思いに

『山本康夫全歌集』(昭和六十三年刊)-大隅・薩摩(昭和五十五年作)

  20首抄(2020年3月号より抄出)
巨星墜(お)つバーミアンにはみ仏在(ま)さず非情なる弾(だん)誠を砕く  中谷美保子
夕茜(あかね)を背景にして黒く浮く竹やぶのなか雀かしまし       延近 道江
見渡せば紺碧(ぺき)の空に雲もなしこのもとをとて杖(つえ)をつきゆく  平本 律枝
中村医師死すとも用水路は生きて流れて幾万の人を養う        松井嘉壽子 
増えきたるあわ立ち草はおのが世を誇るがに立つこの荒れ畑に   松永 玲子       
葉の裏の赤きに戦禍偲(しの)ぶなりベトナム原産なる青紫木(せいしぼく)  宮﨑 孝司
縮景園のソテツにコモを巻く人よ木々への愛をその背に見せて     村上 山治
一帯をもみじは緋(ひ)色にうめつくしわれの無礼をおぎないくれぬ     吉山 法子
国ゆずりの稲佐の浜の砂を踏む今し落日海色七重           石井恵美子
「瑞穂」なる地の改名を道祖神に問う者もなく変わり果てしか     上田 勝博
背の高きクレーン二基立ち大手術するに似て炉の解体進む       上脇 立哉
乙女子にほほえみもらいお返しは周囲をはばかり笑顔で応ず      宇吹 哲夫
不足とうボルトとナットは東京へオリンピックへこぞりて進む     大越由美子
胡子堂の由来を知らぬ若宮司祝詞を終えて愛想(あいそ)よく去(い)ぬ   岡田 寿子
卒寿なる母の手いつか白くなりぬ「きれいになった」と言えばかなしき  金尾 桂子
何もなきことこそ幸と言いしこと それより私は不幸になりぬ      木村 浩子
冬至来て夜がおもむろにこれからは無くしてゆかむ優越感を       廣本 貢一
行く先も決めず連れ立つ人もなき各駅停車の旅に出(い)でたし      澤田久美子
満月に負けじと明かり放ちゆく部活帰りか夕暮れの土手        髙見 俊和
夕陽(せきよう)は炎となりてまともなるビルのガラスに今日も沈みぬ  月原 芳子


2020/03/02

2020年(令和2年)3月号

02022501_真樹2020.3月号表紙_convert_20200302153520
題字 尾上柴舟 表紙 大瀬 宏
2020年(令和2年3月号)
☆研究  □歌題の本意   -古典の小径132― ...外村展子
□尾上柴舟のうた228         ‥‥近藤史郎 岡田寿子 山本光珠  
     □内面客観の道をたずねて121  ‥‥柳原孝子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                       廣本貢一 上脇立哉 吉田征子 勝地健一                     
     □近現代歌人の一首【小島ゆかり】    ‥‥森ひなこ
     □短歌時評 22  「不易流行」     ‥‥宮﨑孝司 
     □佳品嘆美*138〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉   ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
☆書評  □大友清子歌集『すゑひろがり』    ‥‥岡田寿子
     □島 晃子歌集『天上の森』      ‥‥新井邦子
     □立木節子歌集『紡ぎし言の葉』    ‥‥岡田寿子
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録153-
     □他誌抄録101
☆記   □ピクチャ便り♠⑫ 「真樹」を、どうぞ
□真樹サロン短歌会記 92        ...上田勝博       
     □後記

山本康夫の歌―2020年(令和2年)3月号
春霞む大和盆地を見渡して小高き草の丘に昼餉す
線彫りの釈迦の豊けき表情に千余年のかみのこころ通いく
山の辺の道ゆきゆけば纏向の弓月が岳は霧とざしたり
山の辺の道歩み来て石の上布留の宮居は蒼茫と暮る
密林の暮れづく中に石の上布留の宮居は浄く古りたり
『樹の遠景』(昭和五十四年刊)-山の辺の道(昭和四十八年作)

 20首抄(2020年2月号より抄出)
冬の日をそびら一面に浴びながら草抜くわれも神の子ならん      滝沢 韶一
ここちよく澄みたる朝(あした)しずかにも花芽ひらきて無言の主張   富田美稚子 
夕焼けにタイワンフウ映ゆ居並ぶが炎のごとく陣中のごとく      中元芙美子
のきに干すべっ甲色の柿の実よひとつひとつに秋日の魔法       廣田 怜子
ほそりゆく孤独な余生さむけれど歌を詠む時二人となりぬ       松井嘉壽子
体力のありてこそなり夢描き続けんとして険しき書道         水田ヨシコ
葉の落ちて枝影淡き庭に見る遠く黙して春を待つ山          宮﨑孝司
あの暑さあの雨のさま消えて今朝立冬を知る隠しき部屋に       村上 山治
魂をゆさぶられいぬ絶ゆるなく伝えられ来し荘厳の儀に        吉田ヒロミ
うす日さす秋の苔(こけ)道訪(と)いゆけば滝の瀬音の澄みてわれ呼ぶ   吉田 征子
床の間の名号の軸を収めつつかなしみの階一つ越したり        米田 勝恵
深み行く秋の空気を震わせて単線ジーゼル北さして行く        石井恵美子
御大礼奉祝行事の祝宴にわれも出(い)でたり遠石の宮に         岩本 淑子
秋風にラムを一杯キューバ産ハバナクラブにこころ燃やさん      大瀨  宏
「初大師」正月三日のダルマ市に人にもまれて達磨(だるま)求めつ    大垰 敦子 
脳裏をかすむ『宇宙樹』『果樹林』『音楽樹』(おんぎょうじゅ)
いま『青樹林』わが宝なり                     大津タカヱ
台風に備えよと子にメールして夢にし見たり食パンの山        岡田 寿子
九年間共に学んだ翁(おきな)なり多くは語らず秋の日西へ        岡畑 文香
負いきれぬ責任感の疎ましく吐息つきおり孤独なる時に        木村 浩子
明日とう日宙に掲げて生きんかな透徹したり今(こ)宵の月に       笹田四茂枝