FC2ブログ
2019/09/01

2019年9月号「前号20首抄」

 20首抄(2019年8月号より抄出)ー    
  毛布薄く病む身は心細けれど感謝よみがえり春暁を蹴る          勝地 健一
  ぎこちなく鍬(くわ)打つ吾(あ)子のかたわらにわれ常にあり妻ともどもに  滝沢 韶一
  四季通し間違えず出る植物に晏如(あんじょ)たるわが一生(ひとよ)と思う  龍野日那子
      何よりも目が第一と思うとき心の内もかがやかせたし           富田美稚子
  とぼとぼと歩む白鷺行く先のこよいのねぐら定まりいるか         豊田 敬子
  山裾のおちこちシャガの品の良き仏の世界ここにあるごと         永井 妙子
  開いたるページそのままめくられず春の電車はうとうと進む        長嶋 彰子
  わが心むしばむ虫を追い出して新しき風入れてみたしや          中村カヨ子
  人一人歩かぬ過疎の里ゆけば老人施設のにぎわう声す           中本芙美子
  なつかしきインキの匂いかがんとて本を面(おもて)に置けば寝入りつ    日野 幸吉
  朝ぼらけ貨物列車の音軽し目覚める我を励ますがごと           古澤 和子
  四月よと雀の声ははしゃぎつつ花冷えのなか木々を渡りく         村上 山治
  我が庭でランプ照らしてコーヒー入るそよ風に吹かれこよい二人で     森  光枝
  男ものの靴をひこずり歩く女ふんぎりつかぬ形見かと思う         吉山 法子
  晴れた日の球場の空見上げればぷかぷかの雲つかめる気がす        井原 弘美
  吹きすさぶ春の嵐に家にいて音読したり「一握の砂」を          岩本 淑子
  山々の膨らみやまぬ新緑は変容とげる生き物とみゆ            上田 勝博
  前へ前へ毛虫が進む音ありやだれも聞こえぬ密(ひそ)かなる音       上脇 立哉
  電柱に鳥のつがい飛び来ては巣を探しおり卵ありにけん          榎並 幸子
  悩みなきように振る舞えど胸重し憂さを晴らしに野山を歩く        岡田 節子

  
 
関連記事

コメント

非公開コメント