FC2ブログ
2018/10/25

山本康夫の歌ー2018年(平成18年)10月号

     『樹の遠景』(昭和54年刊) ー吉備路(昭和50年作)ー               
             
               
身辺を清めて歌に生きんとすわれの限度はわれのみが知る
               さわやかに秋の風立つ朝窓に今日書き上げんペンの手はずむ
               たわやすく人類終末論はびこれど関わり薄く歌作り生く
       秋の日の白々として庭前の若木の銀杏葉を照り返す
              
 
      
     


関連記事

コメント

非公開コメント