FC2ブログ
2022/01/06

2022(令和4年)1月号

03122703_(2)一月号表紙_convert_20220106164023
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
03122704_(2)一月号裏表紙_convert_20220106164409

2022年(令和4年)1月号

真樹誌上短歌大会
真樹賞 森ひなこ / 康夫賞 森重菊江 / 年度賞 小巻由佳子・川口浩子 
真樹賞・康夫賞・年度賞受賞者競詠

研究 平洲の講話と鷹山の藩政改革-古典の小径153-    加藤定彦       
尾上柴舟のうた 250 福光譲二  岡田寿子  山本光珠  
内面客観の道をたずねて 山本康夫作品鑑賞 143      
                  大垰敦子  澤田久美子 村上山治  西本光仁                      
                  吉田ヒロミ 吉田征子  野坂昭雄  佐藤静子  
【近現代歌人の一首】〔源陽子〕近藤史郎
佳品嘆美*160〈万葉集〉〈北原白秋〉山本光珠  澤田久美子 
作品評   宮﨑孝司  月原芳子  山本光珠  滝沢韶一  大瀨 宏  高本澄江  
大越由美子 新井邦子  上田勝博  竹添田美子 弘野礼子
書評    新井邦子  岡田寿子  森ひなこ
作品抄出  豊田敬子  山本全子  金子貴佐子
再録  真樹の曙―旧号抄録 175
真樹のうたびと 山本康夫 / 村上正名
他誌抄録 123
記   令和三年掲載歌数集計表
真樹サロン短歌会記 113 弘野礼子       
    後記

ご案内 -2022年1月-
真樹サロン
   日時 1月21日(日)13時
   会場 真樹社               
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当の新井邦子へ
   締切 1月15日


山本康夫の歌
引き潮の刻ぞこの時幻の街の井戸枠たしかに見たり
街ありし芦田川洲の原ひろら鳥の群が草に降りいて
石垣は運河のあとか小舟など入りくるが見ゆ幻なして
千軒の庶民の街を土深く覆う河原に吹く秋の風
遠き日の町の哀歓も土深く秘めてしらじらとなびく芦の穂
街家のかまどの跡か発掘の原ひとところ土の黒ずむ

             『樹の遠景』(昭和五十四年刊)──草戸千軒町跡

20首抄(2021年12月号より抄出)
                                
スマホ手に檀家へ急ぐ僧若し法衣を風にふくらませゆく         吉田ヒロミ   
姫蒲の細き葉陰に気配消しムギワラトンボしのびの脱皮         吉田 征子
ようやくに開きし花は気づかれて一つ二つともらわれてゆく       大越由美子
見えるもの見えざるもの等(ら)一堂に人とヴィルスのオリンピアードよ  大瀨  宏
秋雨の庭に倒れしコスモスを哀れむごとく白蝶の舞う          大津タカヱ 
自暴自棄に陥らんとき友の声一緒にお茶を飲みませんかと        岡田 節子
疲弊した血管の悲鳴聞きいれば樹木が水を吸い上げる音         勝地 健一
吹き寄せし花と戯るる昼下がり「おごはんごっこ」思い出さるる     金子貴佐子
どこまでもあくまでも青 純粋な秋の一日(ひとひ)が心をあらう     菅  篁子
衰えの増しゆく我ら元気だと嘘ぶくことも慣れればおかし        木村 浩子
岸壁を激しく攻めて来る波をテトラボッドが許さず砕く         廣本 貢一
何を待つ草蜉蝣か芹の花に生のこもれる薄羽ひからす          近藤 史郎
蜜蜂の巣箱の下に滑走路着陸離陸する豆機たち             髙見 俊和
空青し風もよろしと飛び立つや薄の穂絮は峡(かい)の真昼に       高本 澄江
八月のその朝八時十五分ひとりひとりにあったその刻(とき)       豊田 敬子
鼓の師母の通夜(つうや)の枕べに「当麻寺(たいまじ)」のひと節たむけたまいし    中谷美保子
かって読みしヘレン・ケラーの自叙伝が思われやまずパラリンピックに  中村カヨ子
くちなしの白き花びら黄ばみたり潔癖なるものの持続は難し       中元芙美子
煌煌(こうこう)と照る満月に畏(おそ)れあり雲のかかれば心ほぐぐる    濱本たつえ    
贈り主と同じ名つけしぬいぐるみ小さきクマのAlexandra(アレクサンドラ)     弘野 礼子