FC2ブログ
2021/05/28

2021(令和3年)6月号

03060401_(2)表紙_convert_20210609101736
題字 尾上柴舟  表紙 大瀨 宏
03060402_(2)裏表紙_convert_20210609102359

2021年(令和3年)6月号
研究 
詩人広瀬旭荘の遊歴(下)-古典の小径146- 加藤定彦 ・ 外村展子      
尾上柴舟のうた 243       上田勝博  澤田久美子 山本光珠  
内面客観の道をたずねて 136   小巻由佳子 高本澄江 宮﨑孝司  近藤史郎
                  豊田敬子  森ひなこ  勝地健一  佐藤静子 
【異文化essay】38 Japon(ハポン)さん    田中淳子 
佳品嘆美*153〈万葉集〉〈紀貫之〉 山本光珠  近藤史郎

作品評   大垰敦子  吉田ヒロミ 月原芳子  大瀨 宏  水野康幸  岡田寿子  
書評    岡田寿子  新井邦子
作品抄出  弘野礼子  柴村千織  井原弘美  菅 篁子                   
再録  真樹の曙―旧号抄録 168
    真樹のうたびと 山本康夫 / 大谷多香子 
    他誌抄録 116
記   真樹サロン短歌会記 107 新井邦子       
    私の一首          滝沢韶一
    後記
ご案内 -2021年6月-
真樹サロン
   日時 6月27日(日)10時~ 協力          
                13~15時 歌会
   会場 真樹社                
   会費 500円(10時来会者は不要)
   出詠 1首を担当者上田勝博へ(SMS可)
   締切 6月15日


山本康夫の歌
学生ら辻に売りゐしそこばくの品片づくる雨となる街
しのびやかにタンゴ洩れゐる窓の外歩みとどめて立つ暗き中
荒む世を潤すごとくバスガール発車合図す涼しき声に
働きてをとめはやさしバスの中鏡を出して顔見ることも
片手なき君もたつきを立つるとてもまれつつゆく人込の中
不自由の身を追ひ立てて働けるきみにしばらく痛むわが胸

                    『朝心抄』(昭和二十三年刊)

20首抄(2021年5月号より抄出)
仏壇の瓔珞(ようらく)壊れ畏(かしこ)みて師走の町に仏具店訪(と)う   宮崎 孝司
修道院の暮らしも難く老人ホームに三とせを世話になり妹は      守光 則子
イギリスのWEDGWOOD(ウエッジウッド)のブランドの薄きBLUE
は春の西空                            山本 真珠
馬立(うまたて)の川沿いに険し参勤道 土佐武士(もののふ)の外様の誇り  吉田 征子
籠もり居のわれの怠惰を呼び覚ますつぶてのような友の便りよ     米田 勝恵
初孫の命名なして逝きし夫嫁ぎゆく日に思い馳(は)せしや       有本 幸子
時じくの春雪降れり五階なる病室のベランダを訪(と)い来雪の子    石井恵美子
夕烏地に預くるかものの骨草に忍ばせ草かけて発(た)つ        上田 勝博
わが内に在(ま)すとう鬼は数匹か「鬼滅の刃」を読み終えて思う    大越由美子
冬の夜の手花火見たり降る雪をまとい嵯峨菊うつろに咲けり      勝地 健一
肌のうちにあふるる太陽あるごとく黒人メンバーかがよい走る     近藤 史郎
雪垂りを待つはヒヨドリ南天の赤き実のぞくその一瞬を        澤田久美子
凍る夜にふとよみがえる手の温(ぬく)み記憶の底の君に驚く       柴村 千織
庭の辺のメダカの宿の薄ら氷(ひ)を解かして春へと光ひとすじ      鈴木 敬子
できること一つずつ減る中にてもまだ力ある少しをよろこぶ      隅出志乃惠
散歩する道辺に梅の芽があまた ほのかなぬくみもらいて進む     高見 俊和
畑すみに霜焼け色の葉を広げタンポポは今春へ助走す         高本 澄江
冬枯れの少しく遠き野の道を亡夫の墓へと日はやわらかく       津田 育恵
はや春の陽気をのせて澄みわたる罪なき青空こころを染むる      富田美稚子
イルミネイトの色寒々しきその窓の内の明かきに円(まど)居思わる   福光 譲二
2021/05/01

2021(令和3年)5月号

03043002_(2)表紙_convert_20210501191836
題字 尾上柴舟  表紙 大瀨 宏
03043001_(2)裏表紙_convert_20210501191936

2021年(令和3年)5月号

題詠「ブルー・blue」 選・田中淳子
研究  詩人広瀬旭荘の遊歴(中)- 古典の小径145 ― 加藤定彦 ・ 外村展子
    尾上柴舟のうた 242     福光譲二  岡田寿子  山本光珠  
    内面客観の道をたずねて 135 大垰敦子  澤田久美子 村上山治  西本光仁
                    吉田ヒロミ 吉田征子  野坂昭雄  黒飛了子  
    近現代歌人の一首〔大西民子〕  近藤史郎 
    佳品嘆美*152〈万葉集〉〈齋藤 史〉    山本光珠  月原芳子
作品評      宮﨑孝司  月原芳子  山本光珠  滝沢韶一  大瀨  宏  高本澄江  新井邦子  
        大越由美子 上田勝博  弘野礼子
作品抄出    豊田敬子  山本全子  勝地健一
再録  真樹の曙―旧号抄録 167                 
    真樹のうたびと  山本康夫 / 池永秀夫 
    他誌抄録 115
記   真樹サロン短歌会記 106  村上山治       
    後記

ご案内 -2021年5月-
青嵐忌歌会
   日時 5月23日(日)11時半 法要―昼食―短歌会          
   会場  三滝ライオンズ山荘
   会費 1500円(昼食代込)            
   出詠 1首を担当者 上田勝博へ(SMS可)
   締切 5月15日

山本康夫の歌
開け放つ電車の窓より入る風のあおりに耐えて新刊書読む
夜深く汽車ゆく余響変りしは鉄橋上にかかりたる音
たくましき婦女の一団乗りこみて朝の車内に魚臭まきゆく
埃湧くごとくブトの群立ち舞いて曇り重たく夕べ暮れゆく
満潮の河口の芥片よりて夕照る街の家並をうつす
原爆禁止叫ぶときさえ敗戦の民のひくつなるものつきまとう

         『広島新象』(昭和三十四年刊)――昭和二十九年――山光まぶし 

20首抄(2021年4月号より抄出)

蠟梅の花びら透かし昇る陽(ひ)にくちびる寄せば香り立ちくる     畠山 清子
ゴミ出しは人目をさけて深々と帽子かぶればスナフキンなる      濱本たつえ
こずえより螺旋(らせん)を描き舞い舞える落ち葉のダンス背戸庭につづく  廣田 怜子
バスを待つわれの睫毛(まつげ)にとまる雪しばし世界がかがやいて見ゆ   弘野 礼子
日を数え一人で待ちし十三夜城跡の峰にいま欠けず浮く        松井嘉壽子 
欠詠のなき一年(ひととせ)の褒美とてわがためワイン選(え)りてあがなう  水田ヨシコ
今朝得たる皇帝ダリアの花びらを合同歌集の我のページに       村上 山治
夜泣き封じを願いしこともはるかにて息子は定年の春を迎うる     米田 勝恵
相見れば抱きしめほめてやるものを入試の洗礼受けたる孫よ      榎並 幸子
「気を付けてね」「行ってくるよ」とけさもまた玄関先で小さな儀式   廣本 貢一
宿雨去り土手の桜も開花せりゆるる川面に影を落として        近藤 松子
箱根駅伝青春の文字浮かびくる海見え富士見え茅ヶ崎あたり      佐藤 静子
あと五年生きて研究遂げたしと若き兄逝く冬の病室          柴村 千織
拡大する世を映像が現出し多様な歌材提示しやまぬ          滝沢 韶一
カマキリの卵ある木の根元をば枯れ葉で覆う雨雪を避(よ)くと      永井 妙子
甘酒を両手で包めばそれまでの冷たさかさぶたのように剥(は)がれる   長嶋 彰子
核の傘返上できない哀(かな)しさよ平和希求の願いふたたび       中谷美保子
わが血にも混じりておらん亡者の血壇ノ浦から聞こゆる嘆き       中村カヨ子
永き世も山坂ありてこの日まで生ある我にひと筋の道          鍋谷 朝子
地は地層を木は年輪を積み重ね私はなにを積めばいいのか       西本 光仁