FC2ブログ
2020/09/29

2020(令和2年)10月号

10月号表紙_convert_20200929212500
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏

山本康夫の歌
水煙は塔の上よりおろされて天女乱舞の像見極むる
まなじりの切れ細くしてなよやかにみ手に珠もつ吉祥天女
この絵図を幾年われの見欲りけり袖引き立たす吉祥天女
はづみくる息は堪へつついにしへの仏足石に眼(め)をよせゐたり

              『槙の実』(昭和二十八年刊)―「薬師寺」(昭和二十五年作)

 20首抄(2020年9月号より抄出)                                  
セザンヌが飽かず魅せられし妖 ((あや)しさは夏の朝焼け白い山肌    佐藤 静子
青やかな衣一枚身にまといあのうぐいすのうたを聞きたし        鈴木 敬子
一時間ペダル踏みきたる境内は桜満開来てよかりけり           高見 俊和
わが庭の山椒の新芽食べつくし華やかに飛ぶ初夏の揚げ羽は        豊田 敬子
真っ白な塩載する島はその重み耐うや古里のその三つ子島         中元芙美子
あたたかき風吹きおれば戸を開けて風の道得て中で本よむ         延近 道江
ほおづえつくカフェの窓辺にアンブレラ右に左に白ゆく赤ゆく       畠山 清子
ちそをもみ赤く染まれる手をふきて古きメモ書きまた参照す        廣田 怜子
畑すべて猪よけの網の中暮らしの不自由一つ増えたり           松尾 美鈴
コロナ禍に籠りてブーゲンビリヤをと絵皿に試す花びらの色        水田ヨシコ
気がつけばこの世は山と谷あるか谷深むほど澄みし水湧く         森 ひなこ 
夢の断片つなぎてゆけば恐ろしきマザーグースの詩のごとくなる    森重 菊江
キジバトの縁側近く寄りくるにその目するどしジュラ紀をひそむ      新井 邦子
夕暮れに花好きの友の家に寄り山あじさいの可憐さをみる         岩本 淑子
終活を進める端からふつふつと物欲わいてバーゲンへ駆る         大越由美子
水槽に鉛筆魚(ペンシルフィッシュ)は斜めなり天を仰ぎて何を恋いる     大瀬  宏
ウイルスが猛威をふるい子と子との経済格差またも広がる         岡田 寿子
うず高く柿もみかんもあふれんばかり輝きてあり店員せわし        川口 浩子
戦いに死にたる人も生き抜いて国を造りし人も尊し            小畑 宣之
きさらぎゆ弥生へうつる夜の闇に息あつく鳴くきじばとの声        近藤 史郎
2020/09/06

2020(令和2年)9月号

9月号表紙_convert_20200906131021
題字 尾上柴舟 表紙 大瀨 宏
9月号表2_convert_20200906131742
2020年(令和2年)8月号
☆研究  □女化神社   -古典の小径138 ― ...外村展子
□尾上柴舟のうた234         ‥‥ 近藤史郎 岡田寿子 山本光珠  
     □内面客観の道をたずねて127     ‥‥大垰敦子 澤田久美子 村上山治 川口浩子
                          月原芳子 廣本貢一  吉田征子 勝地健一                      
     □近現代歌人の一首【桑原正紀】   ‥‥新井邦子
     □【異文化essay】32  ball room dance   ‥‥田中淳子 
     □佳品嘆美*144〈万葉集〉〈斎藤茂吉〉   ‥‥山本光珠 大瀨宏
☆作品評
☆再録  □真樹の曙―旧号抄録159(1)(2)-32
       山本康夫のノートより   表見返し
       真樹のうたびと  山本康夫 大森保平 裏見返し
     □他誌抄録107
☆記   □真樹サロン短歌会記 98       ...田中淳子       
     □後記

ご案内 -2020年9月-
真樹サロン
   日時  9月27日(日)10時~   協力
                 13~15時  短歌会
   会費 500円(10時からの来会者は不要)
   出詠 1首を担当者 福光譲二まで(SMS可)
   締切  9月15日

     
 20首抄(2020年8月号より抄出)
一冊の教科書にさえ触れぬまま生き来し我の続く足跡         木村 浩子 
再開すと短歌講座の電話受け忘れいしものよび起こさるる       小巻由佳子
ジャカランダアフリカは遠く夢の島の押し花にして男(お)の子より来る   佐藤 静子
福豆を母と撒(ま)きゐし日を遠みわが撒く声は闇に吸はるる        澤田久美子
静心もちえぬコロナのウイルスが人の口過ぎ根こそぎ狂わす        龍野日那子
庭の辺にマロニエの花咲く日こそ心はパリのシャンゼリゼへ飛ぶ     田中 淳子
いしずえは「内面客観」ストイックにひた向きにあらば悔いはなからん   月原 芳子
レジの列ゴホット咳(せき)するひとのいて列がわずかに左右に揺れる   長嶋 彰子
何事も考えず行く散歩道もうここなのかの瞬間がる          西本 光仁 
荒畑に無断侵入の麗春花コロナにめいるわれ見入りたり        濱本たつえ
介護士のことば色もち心秘む「ホタルの里」に老いら黙せり      松井嘉壽子
霧雨にふくらむつぼみうながされ絹布のような白牡丹開く       松永 怜子
レシピ見つつフレンチトースト作るなり自粛の続く余寒の朝(あした)  宮﨑 孝司
顏半分マスクで隠し街ゆけば盗人(ぬすと)の心ひりひりとわく      森 ひなこ    
重力を感じさせつつ昇りくるスーパームーンの白き自意識       吉田ヒロミ
いつの日のわが表情をおもかげとなしてし君は生きたまいけん     有本 幸子
楊貴妃は身を投げしかな一夜へて苔(こけ)著(しる)き上(え)へ牡丹の落花   石井恵美子
階段に日を浴ぶる蛇一本の孤独を畏(おそ)れきびすを返す       上田 勝博 
水無月の曇天に咲く花菖蒲その紫が憂いを払う              宇田 文子
「クラスター」の客船にいしはあの人と実(まこと)しやかに噂(うわさ)とび交う  大越由美子