FC2ブログ
2018/12/27

2019年(平成31年)1月号

         H31・1_convert_20181227113455       
☆研究   □「八景」の「晴嵐」-古典の小径118ー              ‥‥外村展子
      □尾上柴舟のうた 214     ‥‥
中村 武 澤田久美子 山本光珠 
      □内面客観の道をたずねて107  ‥‥滝沢韶一 柳原孝子 小巻由佳子 大垰敦子 
                            
宮﨑孝司 新井邦子 上脇立哉 金丸洋子
      □近現代歌人の一首【前登志夫】             ‥‥近藤史郎
      □【短歌時評】17
「挽歌」について
            ‥‥新井邦子
      □佳品嘆美 124〈万葉集〉〈上田三四二〉      ‥‥山本光珠 日野幸吉
☆作品評
☆書評  □春日真木子歌集『何の扉か』            ‥‥澤田久美子
     □村山美恵子歌集『余波』              
‥‥澤田久美子
     □春日いづみ歌集『塩の行進』            ‥‥森 ひなこ
☆再録  □真樹の曙ー旧号抄録139ー
     □他誌抄録 87
☆記   □真樹サロン短歌会記                                           ‥‥新井邦子
     □ピクチャ便り
④栴檀と枇杷 

     □後記

2018/12/27

ご案内 ー2019年1月ー

          真樹サロン
            日時 1月27日(日)10時~    協力
                          13時~15時 短歌会
                会費 500円(10時からの来会者は不要)
            出詠 1首を担当者 笹田四茂枝 まで
            締切 1月15日     

                        (会場は真樹社)

続きを読む

2018/12/27

2019年1月号「前号20首抄」

  20首抄(2018年12月号より抄出)ー

     さるすべり細枝にわたあめあつめ九月の窓にほのかに灯 (とも) る       勝地 健一
     夏の庭でおしゃべりせし人乗せてゆく黒い車に手を合わす秋           金尾 佳子
     日本の最果ての原野サロベツに渡り鳥らのにぎわう春来()         川口 浩子
     今日明けて尾花さやかにそよぎいる銀の色して青空のもと            喜多 敏子
     地球照 こよいは澄めり秋冷の風さえ光る散歩道ゆく              近藤 史郎
     この部屋に明かりをつけて短歌書くこよいの終わり恋の終わりを         佐々木孫一
     青虫に衣とられて秋茄子の哀れなるかな裸となる朝               鈴木 敬子
     太陽はあまねく世界を照らしてる片隅なんてそれはどこなの           西本 光仁
     ダヴィデ像見し日の夜の浴室の曇れる鏡やおら拭()きたり           日野 幸吉
     秋日浴みキバナコスモス花盛り黒あげは蝶日がな来遊ぶ             廣田 玲子
     こもれ日の家に六十余年住みふっと静かに夏を見送る              北條多美枝
     六時半 東の雲はShell Blue(シェル・ブルー)ミルクの空にいまし溶けゆく  山本 真珠
     月々の「真樹」の世界に圧倒され深呼吸して表紙をめくる              吉田ヒロミ
     水害の季の花火師の哀(かな)しみよ四方(よも)の夜空のステージあれかし       吉山 法子
     おりの中タイガーに人おそわれぬ野生のスイッチ誰が押したか            的場いく子
     籠もらじと散策しては歌詠みて夜はその歌の推敲に更く               水田ヨシコ
     あめ色にかっきりと枝に張りつきて造形美みせしかの蟬いずこ            森重 菊江
     雨上がり白き一機のいざなうは東にあらん希望という町               新井 邦子
     坂の上()の雲を追いかけ走り次ぐ雲の片片(へんぺん)指に触れたく        有本 保文
     畑作に携わるだけの今日なれど髪とき紅さしやる気湧き出()ず            岡畑 文香

続きを読む

2018/12/27

山本康夫の歌ー2019年(平成31年)1月号

   『麗雲』(昭和22年刊) ー早暁起床を試むとて(昭和19年作)ー

                すみきれるこの暁の頭
()の神(しん)はひとりひめたるわが宝ぞも
         暁の三時となりぬわがうちに来ませる神といざや語らむ
         古のふみひろげつつひた惜しむあまりに早き時のあゆみを
         寒といへど深夜を起きて磨る墨の今年はいまだ凍ることなし