FC2ブログ
2018/11/28

2018年(平成30年)12月号

          2018 12 表紙_(4)_convert_20181126181747
   ☆研究   □<特別寄稿>古典落語の十字路                                ‥‥岡村 昌夫        
       □尾上柴舟のうた213       ‥‥
近藤史郎 上脇立哉 山本光珠 
       □内面客観の道をたずねて106 ‥‥
石井恵美子 高本澄江 村上山治 新井邦子
                            廣本貢一  中村 武  岡田寿子 福光譲二
       □近現代歌人の一首【寺山修司】              ‥‥澤田久美子
       □【異文化essay】18「花の持つ意味」          ‥‥田中淳子
       □佳品嘆美123〈万葉集〉〈佐藤佐太郎〉      ‥‥山本光珠 新井邦子
  ☆作品評
  ☆再録  □真樹の曙ー旧号抄録138ー
       □他誌抄録86
  ☆記   □真樹サロン短歌会記                  ‥‥福光譲二
       □ESSAIS 私の一首                   ‥‥大瀬 宏
       □ピクチャ便り
♠③それぞれの色―りんどうと柿

                     □選歌について                      ‥‥山本光珠
       □後記

2018/11/28

ご案内 ー2018年12月ー

         真樹サロン
            日時 12月23日(日)10時~    協力
                            13時~15時 短歌会
                会費 500円(10時からの来会者は不要)
            出詠 1首を担当者 新井邦子 まで
            締切 12月15日     

                        (会場は真樹社)
2018/11/28

2018年12月号「前号20首抄」

  20首抄(2018年11月号より抄出)ー
  
    薄茶席に男手前の頼もしく海はのどけく船通いおり            岩本 淑子
    アイフォンで音楽きくとイヤホンを着ければ演奏われ一人占め       宇吹 哲夫
    向日葵は朝日に向かい夕日にもきっちり向かうを一日の業とす       岡畑 文香
    外壁の色はいかにと思うとき富良野の丘のラベンダーの風         大垰 敦子
    秋の月さやかに照れりわが過ぎし日々をばかえりみよとごとくに      大津タカヱ
    愛を得て家内とともに人生の道をここまで来し幸せよ           大森  勝
    水晶のごとき滴は朝光を浴びて悲しみの心潤す              木村 浩子
    利き腕が難癖つけて痛めども投稿書くのは許してくれた          廣本 貢一
    台風のあとのからりと晴れた日に洗濯たたむかぐわしきとき        隅出志乃惠
    取り出してまた収めおく夏帽子あと一夏と決めて箱閉ず          高本 澄江
    豪雨災害に命残りて良かりしと目に力ありひとりの女           龍野日那子
    白鷺はさむざむ歩み畔(あぜ)よりをふわりと風に乗りて行きたり      豊田 敬子
    ごうごうとせき越える水に負けずしてあめんぼの群れ泳ぎいるなり     延近 道江
    単純にバナナの皮と思いしが「シュガースポット」は肌の劣え       樋口  礎
    ぽろぽろと庭の葡萄が落ちはじめ色づくよりを雀が食す          平本 律枝
    新婚旅行の費用を当てて水道の工事なしたる遠き日思う          廣畑佐か江
    朝そりし髭 (ひげ)は夕べの指にたつかくてあずかる命知らさる      宮崎 孝司
    人間はいかに生きしか奇岩あり古代の風景想像を超ゆ           森  光枝
    星々を知りたる日々を思いつつ赤き星見る平成の夏            吉田 征子
    真っ青な空を水(みな)底によびこんで喋り始める水面は揺るる       吉山 法子

2018/11/28

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)12月号

     「真樹」(昭和9年5月号) ー江田島吟行ー               
     
                わが船の近づくなべに見えてくる向つ小島のなだらかな線
                わが船がちかぢか通る島山の段々畑の萌麦の青
                蜜柑畑の熟実つぶらに光れるを船の窓より首いだし見る
                わが乗れる巡航船が笛ふきて着きたる村は桃の花ざかり
                春ふかき島の斜面の麦のいろうつりて青し江田の内海に
                子を抱きて舟ゆ上陸(あが)れる島の村あたりおぼろに春霞みせり