FC2ブログ
2018/10/25

2018年(平成30年)10月号

          H30・10表紙 
   ☆研究   □堂上歌人飛鳥井雅章-古典の小径116ー        ‥‥外村展子
       □尾上柴舟のうた211       ‥‥上脇立哉 近藤史郎 
山本光珠 
       □内面客観の道をたずねて104 ‥‥
石井恵美子 高本澄江 村上山治 廣本貢一
                            日野幸吉 中村武 岡田寿子 福光譲二
       □近現代歌人の一首【安永蕗子】         ‥‥澤田久美子
       □【異文化essay】17虫の鳴き声は?        ‥‥田中淳子
       □佳品嘆美121〈万葉集〉〈宮 英子〉     ‥‥山本光珠 村上山治
  ☆作品評
  ☆再録  □真樹の曙ー旧号抄録136ー
       □他誌抄録84
  ☆記   □真樹サロン短歌会記             ‥‥中村 武
       □ESSAIS 私の一首             ‥‥藤河賀久清
       □真樹新年短歌大会ご案内
       □後記

 
2018/10/25

ご案内 ー2018年10月ー

       真樹サロン
            日時 10月28日(日)10時~    協力
                            13時~15時 短歌会
                会費 500円(10時からの来会者は不要)
            出詠 1首を担当者 新井邦子 まで
            締切 10月15日     

                        (会場は真樹社)
2018/10/25

2018年10月号「前号20首抄」

 20首抄(2018年9月号より抄出)ー
 木もれ日のゆるる湖畔に思い出(い)ずいちずの思いに涙ながししを      松尾 美鈴

  ひと月を過ぎて早苗田分蘖(けつ)すと根張りよろしき炎天の下               松永 玲子

 はるばると海山こえてくる黄砂今年も人をなやまし去りぬ                 山野井 香

 皇子(みこ)眠る陵墓(りょうぼ)をわたる春風は語らうごとく若葉をゆらす   吉田 征子

ユニホームをスーツに替えて姿みするそれぞれの額(ぬか)明日の風待つ     大垰 敦子

つながらぬ言の葉だけが横たわり君との距離を測るためらい              勝地 健一

報われて終わる日ばかりにはあらねそれでも今をただ生きてゆく            金尾 桂子

先の人の落とし物とり大声に追いかくる身を熱波はつつむ               柴地 暁子

木を刳()りて清水(きよみず)通す水車綿虫の舞う秋の妻籠よ                  下井  護
着る物も食べ物もすべてつましくし懸命に生きし先祖をしのぶ             隅出志乃惠

友を待つ間に桜よく見れば「上を向けよ」と小枝教える                髙見 俊和

季(とき)を得て風を光を包み込みレタスは緑の玉を紡げり               高本 澄江

瞑想にかなう木陰か鏡山城跡に座し行雲を追う                    田中 淳子

山城の跡ゆ見下ろすそのかみの穀倉の地はコンクリの街                中村  武  

知らぬ間に犯しし罪のあるを知る今知るとてもなすすべ知らず             鍋谷 朝子

日常は平和な日々がつづられる退屈じゃない豊穣(じょう)なんだ          西本 光仁

柿の木は風吹く中にただ立ちて話すがごとく体をゆらす                延近  道江

警報ののち洪水に変わりゆく画面、字幕に激しさを知る                廣畑佐か江

その背(せな)は敵の目欺く木漏れ日柄バンビ瓜坊自覚のありや         福光 譲二

散歩道のかなたに見ゆる里の峰父母思えども語るとき過ぐ         堀部みどり

2018/10/25

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)10月号

     『樹の遠景』(昭和54年刊) ー吉備路(昭和50年作)ー               
             
               
身辺を清めて歌に生きんとすわれの限度はわれのみが知る
               さわやかに秋の風立つ朝窓に今日書き上げんペンの手はずむ
               たわやすく人類終末論はびこれど関わり薄く歌作り生く
       秋の日の白々として庭前の若木の銀杏葉を照り返す