FC2ブログ
2018/07/18

2018年8月号「前号20首抄」

 20首抄(2018年7月号より抄出)ー

   うららかな弥生の空の鶯の声に天なる母を感ぜり             中尾 廸子
 春うらら島に隠るる犯人と千二百人の警察官と              中元芙美子
 雨にぬるる紫陽花の濃き紫の目にしむ今朝の冷たき風よ          難波 雪枝
 春たちて嵐吹きあれ草木みな潤(うる)う命の芽ぞ張りにける        日野 幸吉
 気高くもかわゆき小由女人形の花はこまかき筆に成りたり         平本 律枝
 花祭りにぎわえるらし農繁期われは鍬(くわ)もて春愁をはらう       廣田 怜子
 これまさに「鬼手仏心」と心しむ緑風のなか歩いておりぬ         古澤 和子
 日と月と向かい合う間の大木は数多(あまた)の鳥の夢乗せ暮れつ      松尾 郁子
 雪の道わが足跡を残しゆく音さくさくとしじまを揺らす          村上 山治
 あのドームに誓ひし言葉忘れゆき憧れて見るセントエルモの火       森 ひなこ
 慈しみわれを育てし家族あり短歌詠むたびなつかしさ湧く         森  光枝
 ひかれゆく若者の恐ろしき表情よおのが心が刻みしものか         吉田ヒロミ
 筆太の兜太の大書「許さない」遺墨となりて夏を迎える          油野はつ枝
 金鳳花その身の毒を知るやいなや道行く人に愛敬(きょう)ふりまく     岡畑 文香
 風強まり木(こ)の葉裏見せ表見す裏見する風しずまりてほし        喜多 敏子
 花壇見るひまなくおればこぼれ種の千鳥草はも青強く咲く         幸本 信子
 河出書房「定價六拾圓」蕗のとうの装丁あせず啄木歌集          後藤 祝江
 病む足にもかなう天気と街中の小さき園に独りの花見           小巻由佳子
 自然石の粗き面(おもて)に刻みたる「天離(さか)る」の歌柴舟の筆     近藤 史郎
 しまいいし亡夫の時計のねじ巻くも共有の時永遠(とわ)にもどらず     近藤 松子
 
2018/07/18

山本康夫の歌ー2018年(平成30年)8月号ー

   『麗雲』(昭和22年刊) ー真澄8月6日の原子爆弾に罹災す(昭和20年作)ー

       
その声は真澄ならずやよくもよくもかかる深傷(ふかで)の体運び来し
     父母に一目逢はむの念のみに帰りしといふか子よ強かりし
       治療所へ急ぎ運ぶと吾子のせて妻とわが持つ戸板かなしも

     死を早む水とし聞けど欲り欲りて子が苦しめば水あたへつも
             お浄土にゆくとしいひて安らけき吾子なりしまさしく浄土はあらむ
     わが掌(て)おく額の温み冷え果てぬ吾子よ吾子よすでに命絶えたり
     手をとりて慰められし葬(はふ)り路をけふは汝が骸送りてぞ来ぬ