FC2ブログ
2019/08/01

2019年(令和元年)8月号

     2019年8月号表紙_convert_20190807125918  題字 尾上柴舟   表紙 武永槙雄「南無佛太子像」
2019年8月号_convert_20190807131737
   ☆研究    □京の白川 ー古典の小径125-             ‥‥外村展子    
 
☆作品評
 ☆再録  他誌抄録94
 ☆記   
真樹サロン短歌会記                   ‥‥田中淳子
      
後記 
2019/08/01

ご案内 ー2019年8月ー

          真樹サロン
          日時 8月25日(日)10時~    協力
                      13時~15時 短歌会
              会費 500円(10時からの来会者は不要)
          出詠 1首を担当者 吉田征子まで(SMS可)
             締切 7月15日     

                  (会場は真樹社)
 
2019/08/01

2019年8月号「前号20首抄」

 20首抄(2019年7月号より抄出)ー    

  
初釜(がま)に足袋(たび)のすりゆく音ぞよきひらりと指の所作声をもつ    新井 邦子
  後輩と覚しき子たちその胸にわれのなじみしバッジを付けて         宇吹 哲夫
  「黄金の翼にのって」ヴェルディの歌口ずさむ朝の空元気(からげんき)    大瀨  宏
  代替わり承継の儀は粛々たり妃の鶸(ひわ)色の装束さゆる          大垰 敦子
  みんな旅にキャリーバッグを引き行けば地球がだんだんすり減ってくる   廣本 貢一
  平成の終(つい)の満月と報道あり東を見れば黄金(こがね)ぞ浮かぶ      小巻由佳子
  人道の世紀と新聞謳(うた)いおりでこぼこ道にいかなる花咲く       近藤 松子
  妹よ君が生まれしその頃は春の草はた水仙の黄(きい)           佐々木孫一
  燭(しょく)ともし仏間も開けて風を入れ父祖に告げたり即位の礼を     笹田四茂枝
  情念はこはいかんとも為し難く紡(つむ)ぐ解(ほど)くを繰り返すのみ     下井  護
  平成の空気吸い込み令和へとおよぐ幟(のぼり)の鯉の輝き         鈴木 敬子
  草も木も萌(きざ)して動くあらたまの元号詠みて言祝()ぐあした     月原 芳子
  雛(ひな)の軸かけかえたる日母偲(しの)びとりいだすかな形見の鼓(つづみ) 中谷美保子
  逝きし人はるかに思いいずるとき五山送り火きれいにともる        延近 道江
  平成より新時代なる令和へとこの元号も平和をつくらん          平本 律枝
  空をさし莢(さや)ふとりたる空豆は春をつめこむさ緑の濃き        廣田 玲子
  父母は身まかり子らは巣立ちたる平成の世にわが責済みぬ           松尾 美鈴
  巣づくりとつばめのつがいは玄関へ電線拠点に視察すらしも        松永 玲子
  春となり寒々とする大倭古梅の枝に花みごとなり               矢追 房子
  科学では霊性を入力できぬこと知ればAIの恐怖ぬぐわる           吉田ヒロミ

2019/08/01

山本康夫の歌ー2019年(令和元年)8月号

    『麗雲』(昭和22年刊) ―歌の道(昭和21年作)―

     歌の道にこりゆく命見つめてはつたなき嘆きかへすいくたび
     歌に向ふこころはあつくなりゆけどその作(な)る歌に足ることもなし

     いたれりし大人(うし)らの道はひびけども仰ぐにきびしその歌ごころ

     歌の上にまことをこめてあるといふ思ひがわれの生(よ)を荘厳す

     わが力おぼつかなしと知るからに心つくして歌は詠むべし

2019/06/27

2019年(令和元年)7月号

  2019年7月号表紙 
☆研究   □新玉津島神社ー古典の小径124ー               ‥‥外村展子
      □尾上柴舟のうた 220      ‥‥
澤田久美子 宮﨑孝司 山本光珠 
      □内面客観の道をたずねて113 ‥‥石井恵美子 小巻由佳子 柳原孝子 村上山治
 
                           廣本貢一 中村カヨ子 上脇立哉 吉田征子
      □近現代歌人の一首【近藤芳美】             ‥‥近藤史郎
      □【異文化essay】23 新元号 令和 “Beautiful Harmony”
   ‥‥田中淳子
      □佳品嘆美 130〈万葉集〉〈与謝野晶子〉      ‥‥山本光珠  吉田征子
☆作品評
☆書評   □『神作光一全歌集』『神作光一全歌集各句索引』   ‥‥山本光珠
      
□田中成彦歌集『瞑想曲』                    ‥‥岡田寿子
      
□塚田キヌエ歌集『西行つれて』           ‥‥新井邦子

☆再録  □真樹の曙ー旧号抄録145ー
     □他誌抄録 93
☆記   □ピクチャ便り
♠⑦  Wife of Bath  
     □後記
 
☆追悼録 □勝俣孝治氏追悼        ・・・・滝沢韶一 石井恵美子 近藤史郎
                       新井邦子 吉田ヒロミ 吉田征子
                         福光譲二 山本光珠

     □吉田千代子氏追悼         ・・・・石井恵美子 山本光珠
     □油野はつ枝氏追悼         ・・・・日野幸吉 吉田征子 山本光珠

               □青嵐忌歌会記         ・・・・中村カヨ子

2019/06/27

ご案内 ー2019年7月ー

           真樹サロン
            日時 7月28日(日)10時~    協力
                          13時~15時 短歌会
                会費 500円(10時からの来会者は不要)
            出詠 1首を担当者 吉田征子まで
            締切 7月15日     

                        (会場は真樹社)
 
2019/06/27

2019年7月号「前号20首抄」

   20首抄(2019年6月号より抄出)ー    

  (すめらぎ)の短歌と民の短歌並む万葉集はほこるべき古典        柳原 孝子
  歌会に交わす絆の充実をわが詠む日々の光とぞせん            吉田 征子

  向こう山のこぶしの花の咲き初めて「令和」元年の春耕はじまる      米田 勝恵
  チューリップ十二の種のその芽のこと六百キロ先より子は問ひ来      和田 紀元
  取りいだす万葉巻五旅人憶良貧しき庶民により添う歌も          石井恵美子
  十一時三十分いま菅長官高々と持つ「令和」の文字を           宇田 文子
  元号は「令和」と額をかざされて戦前、戦中、戦後は遠き         大垰 敦子
  昭和平成令和を生きて米寿とう冠かぶり乾杯の声             大津タカヱ
  ありし日の父母は新居を探すごとふたりで入る墓所(ぼしょ)をさがしき   岡田 寿子
  新元号発表されし朝の雨やがてなごりの雪へと変わる           金尾 桂子
  衛星と電波の力あればこそ地球も宇宙も学びの宝庫            川口 浩子
  この年の寒波をくぐり咲く桜花むね張って生きる姿に似たる        喜多 敏子
  プロフィールに歌人と記さるる紙面にて半年続くコラムは重し       木村 浩子
  昔日の面影うすきわが里に通えるわれも体力弱る             中村  武
  先代よりの相続ならぬ恵方巻 われ反骨にて豆まきをなす         濱本たつえ
  すばしこく我が目欺くネイマール貧しき日々の友はボールか        福光 譲二
  鴨川を挟み行き来せし荒神橋研究室は双方にありて            古澤 和子
  書の審査終え安らぎぬひと時をレベルアップに息つめしのち        水田ヨシコ
  グループで一人の老いを欺くや恥の文化の失()せたる世なり       宮﨑 孝司
  神妙にはだかのままを差し出せば紙垂(しで)(はら)はれし今年のねがひ  森 ひなこ

2019/06/27

山本康夫の歌ー2019年(令和元年)7月号

   『朝心抄』(昭和23年刊) ーをりをりにー 

     かがまりて吸殻拾ふみにくさも見なれて相応(ふさ)ふ民族となる
     吸殻を拾ふ幾人見てきたる暗き思ひがしばらく消えず
     運強く生きのびしことを語るときわれの心によどむ消極性
     ひた押しに押されてつひに譲りしが暫し持てあます心の滓(をり)
     利己心も伴ひてのぶるわが論理押へがたなきほどの熱もつ
     いひたきこといひてしまひて憤り和みゆく時己れ小さし

2019/05/30

2019年(令和元年)6月号

       6月号表紙 
☆研究     □「こむら返り」を直す方法ー古典の小径123-
     ‥‥外村展子        
      □尾上柴舟のうた219        ‥‥
岡田寿子 近藤史郎 山本光珠 
      □内面客観の道をたずねて112  ‥‥大垰敦子 村上山治 
高本澄江 中村 武
                            福光譲二  野坂昭雄 吉田ヒロミ 上田勝博
      □近現代歌人の一首【原 阿佐緒】         ‥‥澤田久美子
      
異文化essay】22身体表現3         ‥‥田中淳子
      □【短歌時評】19 「第一回文学フリマ広島」に参加して  ‥‥森ひなこ
      
品嘆美129〈万葉集〉〈香川哲三〉          ‥‥山本光珠 村上山治
 ☆作品評
 ☆書評  
小林祥次郎著『季節をさかのぼる』        ‥‥澤田久美子
      
□林博子歌集『ネルドリップの滴』             ‥‥岡田寿子
      
□安藤菫歌集『はるかなる虹』           ‥‥新井邦子
 ☆再録  
真樹の曙ー旧号抄録144(1)(2)ー
      
他誌抄録92
 ☆記   
真樹サロン短歌会記                   ‥‥新井邦子
      
広島市の祭典【文芸・美術展】を見て     ‥‥村上山治
      
後記